抹茶のりブログ

ポジティブライダーのたのしいこと探しの雑記ブログ

ワカコ酒の簡単な感想 その②

みなさん、こんばんわ! 抹茶のりです!

 

 早速ですが、前回に続きワカコ酒を紹介します。

今回はワカコ酒の良かった点、ここは?という点を

簡単にまとめさせていただきました。

 

 読めば読むほど、いろいろ発見することが多く

お酒に親しみを感じられる作品になってますので

興味を持たれた方は是非一度読んでみてください!

 

f:id:maccyanori:20200915231600p:plain

ワカコ酒 第1巻 表紙より

 

 

 

ワカコ酒の良かった点>

 毎回いろいろなお酒と料理が出てくる

  主人公:村崎ワカコ(26)会社員が仕事帰りに

 ジャンルを問わず、ふらりと呑みに行きます。

 

 仕事終わりの一杯、ストレス解消、新規開拓等…

 毎回いろいろなきっかけで飲みに行くのが

 何ともリアルで、つい「あるある」とうなずいてしまいます。

 

 そして…

 ひと口目がなんともまぁ~美味しそうなこと!

 ワカコがぷしゅ~と心の声とも言える

 セリフを聞きますと、こちらもお酒が欲しくなります!

 

お酒と料理の描写がリアルで美味しそう

 キンキンに冷えて、クリーミーでシュワシュワなビール!

 氷がほど良く溶けて、トロっとした焼酎ロック!

 ふんわりした湯気と香りが漂う熱燗!

 パチパチと焼かれた焼き鳥!

 サクサク、ジュワ~な揚げ物!  等々…

 

 まるで出来立ての料理が目の前に出されたか

 ような気分になり、食欲がそそります。

 お酒を飲みながら読んでも良い肴になります!

 

お店と人物の描写もリアル

  料理だけではなく、舞台となるお店や

 店員さんとお客さんの描写がとてもリアルです。

 

 店内の内装(壁のメニュー表、飾ってるサイン、酒瓶)

 食器、酒器等が10P程度なのに書き込み(情報量)が

 とても多く、つい見入ってしまいます。

 

 内装だけならまだしも、厨房やカウンター奥の

 作業場等の書き込みがホントにリアルで

 どうやって描いているのか? と疑問に感じる程です。

 

 カウンターや焼き場で汗をかきながら

 忙しく働いている店員さんの姿や

 店内でワカコ同様に飲み食いしている

 お客さんの描写がリアルで

 「そういえばこんなお客さんいるなぁ~」と

 共感してしまいます。

 

女子目線で書かれている

  主人公のワカコは酒好きの20代女子で

 毎回おいしそうに飲んだり食べたりします。

 

 普通、男性主人公の場合ですと

 ガツガツと勢いよくおいしそうに食べますが

 ワカコの場合、お酒も料理も一品一品を

 ゆっくりじっくりと食べ、その時の食レポさながらの

 心の声が見ている方にも響いてきます。

 

<ここは?という点>

毎回飲みに行ってるが、大丈夫なのか心配になる

 もちろん、毎日飲みに行ってるわけではなく

 マンガだから、ツッコミ不要!と思われるでしょう。

 

 一回あたりの飲み代を予想になりますが

 計算してみると、1000~1500円ぐらいするのでは。

 ひとり暮らしで週3~4回行くとなると

 なかなかバカにできないのではと、余計な心配をしてしまいます。

 

 とはいうものの、飲食代に特別浪費している描写が

 見られないので趣味?にはちょうどいいのかもしれません。

 

紹介されているお店が東京メイン

  作中に登場するお店の殆どが東京メインとなっているので

 東京以外に住んでいる読者の方には

 少々ピンとこないと思います(関西在住なので、とても残念!)

 たまに大阪や沖縄等の他府県を旅行する回があり

 そこでもワカコ節が発揮されています。

 

  もし旅行や仕事などで東京へ行くことがあれば

 聖地巡礼ではないですけど、舞台となったお店を

 探してみてはいかがでしょうか?

 店舗紹介がされていないので、自分で調べる必要が

 ありますが、それも楽しいかもしれませんね。

 

読んでると飲みたくなる 

 このワカコ酒でいちばん厄介な点というのが

読んでいると無性に飲みたくなります!

 

特に夕方以降に読んでいると

読んでたらビール飲みたくなった、買いに行こう!

今日はビールもいいけど、冷酒にしてみようかな~♪

紹興酒って意外と美味しそうだな、飲んでみよう! 等々…

 

…誘惑がいっぱいです。

深夜に読んでしまったら、いわゆる食テロ状態です。

ダイエット中などもってのほかです!

飲んだ気分になれると言いましたが

反対に飲みたい衝動を掻き立てられます!

 

<まとめ>

 以上、ワカコ酒の良い点、ここは?という点を

簡単にまとめさせていただきました。

 

 結論から言いますと…

  • お酒が好きな人
  • ひとり飲みに興味がある人
  • お酒は苦手だけど居酒屋には興味がある人
  • 一品料理が好きな人   等々…

別々の視点から見ても楽しく読める内容になってます。

 

 以前のように気軽に飲みに行けない状況ですが

ワカコ酒を読んで、マンガならではの

「見て楽しめるお酒の楽しさ」を味わってみてはいかがでしょうか?

 

長くなりましたが

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

          抹茶のり