抹茶のりブログ

ポジティブライダーのたのしいこと探しの雑記ブログ

ワカコ酒の簡単な感想 その①

みなさん、こんばんわ!抹茶のりです!

 

 いきなり突然ですが…

 

ひとり飲みに行った気分になれるマンガがあります。

 

ワカコ酒です。

 

 

 

 って今更かよ、とお思いでしょうが

今のご時世にはピッタリな内容だな、と

最近、全巻イッキ読みして改めて思いました。

 

f:id:maccyanori:20200915231600p:plain

ワカコ酒 第1巻 表紙より

具体的には…

  • まるでひとり飲みに行った気分になれる
  • ひとりのみの良さが分かる
  • お酒や料理がいろいろ出てきて面白い
  • 自宅でも再現できそう

 

…といった発見がありました。

 

 現在、コロナの影響で

  • 大勢では居酒屋に入れない
  • 入店しても3密に気を付けないといけない
  • 必要以上の外出は控えないといけない

という状況となってしまいました。

 

 以前のように気軽に飲みに行けませんが

 そんな時にワカコ酒を読みますと

まるで飲みに行ったような雰囲気を味わえます。

 

 ワカコ酒をはじめて読んだ時に

女性のひとり酒マンガって斬新だな!

と興味を惹かれました。

 

 ですが…いざひとりで行こうと思うと

どういうわけか出来ないんですよね。

 

一歩踏み入れる勇気と恥ずかしい気持ち

邪魔したことは一度は無いでしょうか?

 

 そういうことが影響したのか分かりませんが

ワカコ酒はぼくの好みに合ってないのかな?

と感じてしまい、遠のいてしまいました。

 

…ちょっとネガティブな内容になりましたが

そういう思いがあった分、今読み直してみると

新しい発見があって、楽しく読むことが出来ました。

 

 そもそも、読み直そうと思ったきっかけが

ちょうどワカコ酒のドラマ(シーズン5)が放送され

TSUTAYAのコミックレンタルの話題作コーナーに

マンガが陳列されたのを発見したからです。

 

 久しぶりに読み直すと、冒頭にも述べましたが

最初には無かった発見ができて、楽しく読めました。

具体的にどこが良くて、反対にここはチョット…

という部分については、次回紹介させていただきます。

 

 マンガを熱く・深く語れる程ではないですが

このブログでみなさんに紹介したいと思える作品に

出会えましたら、随時紹介していきます。

 

長くなりましたが

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

          抹茶のり