抹茶のりブログ

ポジティブライダーのたのしいこと探しの雑記ブログ

【パティシエを目指す人必見!】元洋菓子店経験者が語る、バレンタインデーの洋菓子店の仕事とは?

みなさん、ごきげんよう

抹茶のりです‼

 

本日はバレンタインデー!

バレンタインのイラスト「Happy Valentine's Day」

 

今年は日曜日に加えて、コロナの影響で

今までよりも静かなバレンタインデーに

なったことと思います。

 

そうした変化のなかで忙しく働いているのが

洋菓子店の職人さん(パティシエ)です。

パティシエのイラスト(女性)

 

以前クリスマスで紹介しましたが

ボクもかつては洋菓子店に勤務しており、

バレンタインデーの時期も経験したことがあります。

 

maccyanori.info

 

今回の記事は、

職人さんはバレンタインデーに向けて

どんな仕事をしているのか?

自身の経験を踏まえて、カンタンに紹介していきます。

 

<バレンタインまでの仕事とは?>

当時働いていた洋菓子店は個人経営で

いわば町の小さなケーキ屋さんでした。

ケーキ屋の建物のイラスト

 

それでもバレンタインはクリスマスや年末年始、

入学・入園の時期に並んで、繁盛する時期です。

 

クリスマス~年始の繁忙期が終わると

バレンタインに向けて、チョコレートやクッキーの

仕込みを順次行っていきます。

チョコレートを作っている ぴょこ のイラスト

 

チョコレートはバレンタインの時期限定で

トリュフや正方形の生チョコを作り、

クッキーはハート型やチョコ味のものや

チョコレートをコーティングしたラスクなどを

日替わりで作っていきました。

生チョコのイラスト

トリュフ チョコレートのイラスト

 

この時にネックだったのがチョコ作りで、

当時働いていたお店には

チョコレート作りに精通した職人さんがおらず、

全員で四苦八苦しながら

テンパリング(チョコの温度調整)をしました。

テンパリングのイラスト

 

経験が浅かったボクの目から見ても

お世辞にもキレイな仕上がりとは言えず、

「自分なら他所で買うなぁ~」

と少々生意気なことを考えながら、

チョコ作りのサポートをしていました。

 

出来上がったチョコなどは個包装にしたり、

8個入・10個入などの箱詰めにしたりと

お客さんのニーズに応えられるように用意しておきます。

バレンタインのイラスト「箱入りチョコレートセット」

 

チョコレートやクッキーなどは

ケーキなどの生菓子に比べて保存期間が長いので

1月から仕込んでいても大丈夫です。

 

もちろん鮮度が良い方が美味しいのですが

通常の商品作りがありますので、

規模の小さいお店は早いうちから仕込まないと

間に合わないのです…(~_~)

 

<そして、バレンタインデー!>

バレンタインデーにチョコをプレゼントするなら

数日前から準備されると思います。

バレンタインにチョコを贈る女性のイラスト

 

バレンタインデーの1週間前から

プレゼント用にチョコやその他のお菓子を

買いに来られるお客さんが徐々に増えていきます。

 

事前に用意していたトリュフや生チョコも

順調に売れていき、場合によっては

追加で仕込むこともありました。

 

そしてバレンタインデー当日になると

小さいお店ながらも、普段よりも多くのお客さん

特に女性の方々が来ていただきました。

 手でハートマークを作っている女性のイラスト

 

開店直後の朝から徐々に客足は増え

夕方に近づくと、駆け込むかのように

学校帰りの学生や仕事帰りの方々が来店します。

 

あれよあれよとチョコやクッキーの他に

バレンタイン向けに作ったケーキなどが

飛ぶように売れていきました。

チョコレートケーキのイラスト「ザッハトルテ」

通常商品でザッハトルテもありましたが

これも特に売れていたのを覚えています(=_=)

 

閉店する頃には、あれだけ仕込んだお菓子が

数える程度しか残っていない状態となり、

バレンタインの凄さを毎回感心していました!Σ(゚Д゚)

 

<おわりに!>

今回紹介しました

バレンタイン時期の洋菓子店の仕事は

あくまでも町の小さな洋菓子店の様子であり、

都会の有名店や大規模のお店になると

忙しさの度合いは大きく変わります。

 

自宅で大切な人のために作るのとは全く違い、

手際よく・正確に・大量に

作らなければなりません。

 

もちろん愛情をこめて作ることは変わりませんが

お客さんに売るための商品作りという仕事となると

求められるレベルが大きく変わるので、

そのギャップに苦しむかもしれません。

 

これからパティシエや洋菓子に関わる道を目指す方は

  • お菓子が好きという純粋な気持ち
  • 客観視できる意識・視点

の両方を持つように心掛けてください!

 

実際に働くと、数々の苦労を経験することになりますが

頑張って乗り越えていけば

達成感やお客さんからの感謝の気持ちなど

作った人でしか味わえないモノが待っています!

 「ありがとう」と言っている人のイラスト

 

興味のある方は是非、夢に向かって頑張ってください(^o^)/

 

長くなりましたが

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

次回もよろしくお願いします!

 

それでは、ごきげんよう

 

 抹茶のり