抹茶のりブログ

ポジティブライダーのたのしいこと探しの雑記ブログ

【豊臣秀吉公の出世開運のご利益!】豊国神社へ行く!2021年京都十六社朱印めぐり(16か所目)

みなさん、ごきげんよう

抹茶のりです‼

 

当ブログで暫く紹介してきました

京都十六社朱印めぐりですが

今回で16か所目、つまりゴールとなります。

 

最後に紹介する神社は最後にふさわしく

歴史上とても有名な人物を祀る神社です!

 

かつて天下統一を成し遂げた戦国武将

豊臣秀吉を祀る「豊国神社」です。

 

どのような豊臣秀吉との由緒があるのかを

今回もカンタンに紹介していきます!

 

<豊国神社へ行く!>

豊国神社へのアクセスは以下の通りです。

 バス停に記載されますように、豊国神社周辺には

京都国立博物館三十三間堂などの観光名所があり、

参拝のついでに訪れてみるのもオススメです!

 

豊国神社は京都国立博物館に隣接し、

七条通りから北に進むと、大きな鳥居が見えてきます。

f:id:maccyanori:20210225102848j:image
f:id:maccyanori:20210225102908j:image

f:id:maccyanori:20210225102859j:image

 鳥居の前の通りが広く、神社自体が高い位置に

建てられているので、鳥居から京都市内を少し見渡せます。

 

<いざ参拝へ!>

それでは、いざ参拝へ!
f:id:maccyanori:20210225102905j:image
f:id:maccyanori:20210225102844j:image
f:id:maccyanori:20210225102855j:image

良く晴れた平日の昼でしたので、広々とした境内を

気持ちよくゆっくりと散策することができました。

 

本殿の前には豊臣秀吉公の姿がリアルに

再現された銅像が鎮座しています。

f:id:maccyanori:20210225103128j:image

 豊国神社は人々から「ホウコクさん」という名前で親しまれ、

東寺の弘法大師のことを「弘法さん」と呼ぶように

地元で愛されている寺社仏閣には何かしら

親しみのある愛称というのがあるのですね(^^)

 

こちらの案内板に書かれているように、

豊臣秀吉公のご遺体を埋葬して祀るために

別の場所に創建されましたが、

徳川家康によって一度は廃祀となってしまいました。

 

しかし、明治天皇によって現在の地に再興され

今では出世開運の神様として、地元京都だけでなく

全国から参拝されるほどの名所となりました。

f:id:maccyanori:20210225102852j:image

 

本殿前の賽銭箱の横にずらっと飾られているのは

豊臣秀吉公の千成ひょうたんにちなんだ絵馬です。
f:id:maccyanori:20210225102912j:image

 絵馬代と絵馬を備え付けの封筒に入れ

隣の木箱に投函すると、翌朝に写真のように

飾り付けていただけるとのことです。

 

16か所目の参拝であり、これも何かの縁!

今年の成功を願って、絵馬を奉納させていただきました。
f:id:maccyanori:20210225102902j:image

 

今年一年の成功を祈願し、最後に社務所に寄り

16か所目の朱印をいただきました!
f:id:maccyanori:20210225102841j:image

f:id:maccyanori:20210225103145j:image
ついに16か所すべて制覇しました!

 

<16か所達成!まとめ!>

16か所すべてそろった朱印がこちらです!

f:id:maccyanori:20210225122124j:image

毎年のことですが、こうして朱印を額縁に入れて

部屋に飾って眺めると壮観です…(~_~)

 

ちなみに一番左下の朱印は

最後の16か所目に巡った場所によって絵柄が変わり、

今回の場合は豊国神社オリジナルの朱印です。

 

なので来年は別の神社の朱印をもらうために

最後の参拝場所を変えてみるのも一興です!

 

朱印だけでなく、16か所巡った記念に

毎年恒例である今年の干支の置物をいただきました。

f:id:maccyanori:20210225103151j:image

干支の置物にしては、意外と可愛らしく

室内に飾るとご利益だけでなく、 癒される気分になります。

 

そして何と言っても、16か所分のご利益があると思うと

そんじょそこらの置物とは訳が違います!

 

自分の足を運び、各神社の由緒やご利益を調べ

今年一年の願いを祈願してきましたので

ホントお金には代え難いものであります。

 

この京都十六社朱印めぐりは

朱印帳に朱印が増える喜び、記念品の授与、

体力や時間をかけて集めた達成感が得られるから

さまざまな世代の方々に長く親しまれている

ということがよくわかります。

 

京都にはこの16か所以外にも

由緒ある神社がたくさんあり、京都在住なので

休日や隙間の時間を有効活用して、

今後も寺社仏閣めぐりをしてみます(^o^)/

 

 長くなりましたが

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

次回もよろしくお願いします!

 

それでは、ごきげんよう

 

  抹茶のり