抹茶のりブログ

ポジティブライダーのたのしいこと探しの雑記ブログ

京都東寺「弘法市 終い弘法」に行きました!感想とまとめ

みなさん、こんばんは!

抹茶のりです!

 

本日12月21日は冬至

 

昼の時間が一年で一番短い日。

 

冬至の柚子は

湯治(とうじ)の融通(ゆうずう)という語呂合わせ

 

かぼちゃを食べる習慣は

「ん」の付く野菜は運気に良い

→南瓜(なんきん ”ん”が2つ!)

 

と、昔から縁起の良い日とされています。

 

その冬至に重なって、京都の東寺では

毎月恒例の弘法市が開催されました。

f:id:maccyanori:20201221225401j:image

”とうじ”という偶然が重なりましたが

毎月21日は弘法大師の月命日であり、

東寺の境内で屋台や雑貨、骨董品など

いわゆる蚤の市(フリーマーケットが行われます。

 

先月はコロナの影響で約半年ぶりに再開し

その時の様子を下記にまとめています。

 

maccyanori.info

 

先月の時点でも、次回12月は大丈夫なのか?と

不安になりましたが、今月も無事に開催されました(^_^)

 

実は12月に行われる弘法市は

「終い弘法」と呼ばれています。

 

一年の締めくくりの意味が込められ

露店には正月にちなんだ飾り物や植木などが

多く出店されています。

 

今年はいろいろありましたので

その思いを込めて、参拝させていただきました。

 

天気は時々曇り、肌寒く感じる状態でしたが

いざ東寺に向かうと、周辺には多くの人の姿が見られ

先月同様の活気が伺えました!

f:id:maccyanori:20201221225552j:image
f:id:maccyanori:20201221225549j:image

訪れたのは昼過ぎでしたが、まだまだ盛況で

入るやいなや、ボクもテンションが上がりました!

 

たこ焼き、焼きそばなどの良い匂いに紛れて

京都ならではのちりめん山椒やお茶の香り

何ともそそります…(+_+)

 

露店の間をくぐり抜けると御影堂に到着!

f:id:maccyanori:20201221225608j:image

この御影堂には弘法大師が唐より持ち帰った

仏舎利(釈迦の遺骨)が納められており

気持ちを引き締めて、参拝させていただきました。

 

来年も平穏無事に過ごせられるように

これからも見守ってください、と…

 

御影堂を出て、再び境内をぶらり。

 

ちょうど小腹が空いていましたので

たい焼きをいただきました(^O^)/

f:id:maccyanori:20201221225620j:image

こちらのたい焼き屋さんは先月も

購入しており、その時に食べた小豆味が

忘れられないほど美味しかったです!

 

今回は敢えて別の味、

カスタード味と抹茶味をいただきました!

f:id:maccyanori:20201221225813j:image

小ぶりながらも、中身はびっしり入っており

外側にはみ出すほどのボリュームでした!

 

やっぱりたい焼きはこうでなくてはヾ(≧▽≦)ノ

 

お腹を満たしたところで、再びぶらり。

 

ホントにいろいろな露店があります…

f:id:maccyanori:20201221225816j:image
f:id:maccyanori:20201221225807j:image
f:id:maccyanori:20201221225803j:image

ワカサギの天ぷら、鯖寿司、甘酒…

中には鬼滅の刃にあやかった雑貨も

所々で見かけ、その影響力に改めて驚かされます。

 

そうこうしていると3時を過ぎ、

終了時間の4時に近づいているため

少しずつ片づける姿が見られました。

 

普段は広大に感じる境内ですが

弘法市の時は、まるでひしめき合う様に

露店がビッシリ並び、時間を忘れて

巡り歩いてしまいます。

 

今年はコロナの影響で長い休止期間がありましたが

11・12月は無事に開催されました。

 

寒さも本格的に突入し、

再び油断ができない状況になりつつあります。

 

ですが、一人一人が意識を持って対策を行い

弘法市をはじめ、各種イベントが開催されるよう

引き続き頑張っていきましょう!(^o^)/

 

長くなりましたが

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

次回もよろしくお願いします!

 

          抹茶のり