抹茶のりブログ

ポジティブライダーのたのしいこと探しの雑記ブログ

老朽化した家の修繕 コンクリート部分を直す! その①

みなさん、こんにちは!

抹茶のりです!

 

現在の家に住んで、約30年近くになります。

築年数で言えば、軽く40年以上は経つと思われます。

長く住んでいますと、所々に老朽が進んでいます。

 

リフォーム前のボロボロの家のイラスト

先日の夜、家の外で突然大きな音が鳴りました!

まるで大きなツボが地面に落ちたような大きな音が。

外を見てみても、夜の暗さで良く見えなかったため、

原因がわからないまま、そのまま一晩過ごしました。

 

翌朝、再び原因は何だったのかを確認するため

再度外を調べてみると、とんでもないことになっていました!

2階ベランダ部分(コンクリート)の一部が

剥がれ落ちていたのです!

 

f:id:maccyanori:20201113115113p:image

 

コンクリート部分が大きく剥がれ落ちていました。

撮影しにくい場所ですので、真下からの写真のみとなりますが

コンクリート部分の下地になる、木材の部分が露出していました。

 

そして、剥がれ落ちた破片が下の写真となります。

 

f:id:maccyanori:20201113115126j:image

 

 

破片の1つですが、これだけのものが剥がれ落ちたら、

あれだけの大きい音がしても不思議ではありませんでした…。

ゾッとします…。

 

引っ越し時にリフォームしたものの、それから約30年。

長い間、雨風や日光にされされ続けてきたわけです。

このように劣化してしまうのも仕方がありません。

 

このまま放置すれば被害は拡大してしまうので

コンクリートなどによる補修作業を行っていきます。

幸いにもここ数日の天気は安定するとのことなので

この間に補修を済ませ、雨風による劣化を防ぎます。

 

補修が完了しましたら、

後日このブログで補修後の状況を紹介していきます。

 

ちょっとした近況報告となりましたが

次回もよろしくお願いします!

 

          抹茶のり