抹茶のりブログ

ポジティブライダーのたのしいこと探しの雑記ブログ

【うさぎは安産・子授けのご利益!】岡崎神社へ行く!2021年京都十六社朱印めぐり(8か所目)

みなさん、ごきげんよう

抹茶のりです!

 

みなさんはお寺や神社に参拝するときに

どのようなお願いやご利益を求められますか?

 

厄除け、金運上昇、学業成就…

場所によってさまざまなご利益があります。

 

そのなかでも安産・子授けも祈願される方は多く、

わが地元京都の寺社仏閣でも数多くあります。

 

今回は京都でも有名なご利益のある神社、

そして京都十六社朱印めぐりに含まれる

「岡崎神社」を紹介していきます。

 

<岡崎神社へ行く!>

岡崎神社は京都駅から北東の方向、

平安神宮京都市動物園からさらに進みます。

 公共交通機関では市バスに乗り、「岡崎神社前」で下車します。

 

大通りに木々に囲まれた鳥居が面していますので

初めて訪れた方でも迷わずに訪れることができます。

f:id:maccyanori:20210205103259j:image

<いざ参拝!>

 それでは、いざ参拝へ(^o^)/

f:id:maccyanori:20210205103302j:image

 この岡崎神社のみならず、岡崎エリアは

京都駅周辺や四条界隈に比べ、全体的に静かで

落ち着いて散策することができます。


f:id:maccyanori:20210205103255j:image

 この岡崎神社は正式名称「東天王 岡崎神社」と呼び

平安京遷都時に東の方向を鎮座するために建立されました。

 

こちらに祀られている

素戔嗚尊(すさのおのみこと)

櫛稲田媛命(くしなだのひめのみこと)

たくさんの子宝に恵まれたことから、

安産・子授けのご利益として信仰されています。

 

f:id:maccyanori:20210205103358j:image

奥に進んで行くと

かわいいうさぎの石像が迎えてくれます!

 

本殿へ参拝(^o^)/

f:id:maccyanori:20210205103536j:image

f:id:maccyanori:20210205103532j:image本殿のそばにもうさぎの石像があり、

着物の女性が写真撮影をしていました。

 

「なぜうさぎが飾られているのか?」

と疑問に思われたことでしょう。

 

実は岡崎神社はかつて野うさぎの生息地であり、

多産なうさぎは古くから氏神様の使いとして信仰され

神社のシンボルとして、現在も多くの方々に

安産・子授けのご利益として祈願されています。

 

本殿の真向かいには…

f:id:maccyanori:20210205103554j:image

 f:id:maccyanori:20210205103558j:image

なんと、かわいいうさぎがたくさん!!ヾ(≧▽≦)ノ

 

実はコレ、岡崎神社特製のうさぎおみくじの容器で

おみくじを引いた方々がこちらにキレイに並べて

奉納しているのです!

 

そのあまりの可愛さ、フォトジェニックさに

この光景を撮影する女性の方が多く、

当日も数名の方々が記念撮影をされていました。

 

うさぎおみくじだけでなく、

本殿横の手水舎には「子授けうさぎ」と呼ばれる

黒くて大きい、かわいいうさぎの像が建てられています。

f:id:maccyanori:20210205103432j:image
f:id:maccyanori:20210205103428j:image

f:id:maccyanori:20210205103425j:image

 看板に書かれているように、

安産・子授け祈願の想いを込めて

柄杓でお水をかけて、お腹をさすります。

 

現在コロナ対策で柄杓が撤去されているので

直接手で触れることはできませんが、

子授けうさぎのまわりに絵馬を奉ることでも

ご利益を授かることができます。

 

コロナが終息し、1日でも早く元通りに

参拝できることを切に願います。

 

最後に8か所目の朱印をいただきました!

f:id:maccyanori:20210205114546j:image

朱印にもシンボルのうさぎが描かれています!

 

<おわりに!>

 京都十六社朱印めぐりも8か所目となり

ようやく折り返し地点に到着しました。

 

こうして神社をいろいろ参拝してみると

シンボルとなる動物は三者三葉であり、

その由来を調べてみると、実に興味深くて

より京都を好きになることができました!

 

うさぎはかわいいから親しまれているのではなく 、

昔から子宝のご利益がある、という文化・風習が

日本の歴史とともに受け継がれているためだと

改めて分かりました。

 

 残り8か所、京都のみならず日本の歴史を学びつつ

無事に達成できるように参拝していきます!

 

長くなりましたが

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

次回もよろしくお願いします!

 

それでは、ごきげんよう

 

  抹茶のり