抹茶のりブログ

ポジティブライダーのたのしいこと探しの雑記ブログ

「SNSの教科書」はニューノーマルの指南書!感想とまとめ

みなさん、こんにちは!

抹茶のりです!

 

ブログを書き始めると

いろいろ思い悩むことが増えてきます。

  • どのように文章を書いたら良いのか?
  • どんな内容が読まれるのか?
  • どうやって継続すれば良いのか?

と、いろいろ疑問を感じるようになり

ブログを書き続けることに不安を覚えます。

 

ですが、その時にある1冊の本に出会い

不安を取り払い、継続する意思を強くしてくれました。

その1冊がこちらです!

 

自分の名前で仕事がひろがる

「普通」の人のためのSNS教科書

(徳力基彦著 朝日新聞出版 2020年8月30日発行)

 

 

今回は教科書と呼ばれる所以を簡単にですが

紹介していきますので、よろしくお願いします。

 

 

コロナショック後に執筆されたSNSの本

この本を読むまでにブログやSNSにまつわる本を

数多く読み、その内容を参考に書き上げてアップしています。

 

けれど、書き続けていくと、ある疑問が生まれてきました。

 

この方法はコロナショックの世界で

本当に通用するのか?

 

今まで読んだ本というのは殆どコロナが

流行する以前に書かれたものばかりです。

 

確かにブログやSNSの作り方に関しては

参考になるものばかりで、とても助かっています。

 

ですが、ご存知のように世界は大きく変化し

今までのやり方のままで本当に通用するのか?

やり方を変えないといけないのでは?

と、不安や迷いが生まれてきました。

 

そんな時に本屋で偶然この本に出会いました。

「普通の人」「SNSの教科書」といった

シンプルで分かりやすく、共感できるタイトルに惹かれ

手に取って読んでみました。

 

  • 普通の人向けに内容が分かりやすい
  • 文章のテンポ・リズムが良くて読みやすい
  • コロナショックを踏まえて書かれている

 

ほんの一例ですが、その内容にどんどん引き込まれ

衝動買いをしてしまいました!

 

この時にすぐさま購入して正解だということが

読み進めていくうちに理解することができました。

 

ビジネス問わず趣味にも活用できる内容

ここ数年でビジネスでもSNSを活用する会社が

増えてきています。そのような状況において

どう活用すればいいのかを解説されています。

 

その内容はビジネスに限らず

プライベートでSNSを始めようとする人や

既に始めているSNS初心者にも

具体的に分かりやすく、丁寧に書かれており

まさしく「SNSの教科書」と呼べる内容になっています。

 

特に印象的だったのが以下の内容です。

実名投稿で自分を発信する

実名投稿と聞くと、不安になる人が殆どでしょうが

「ネットとリアルを分けて考えない」ことで

双方の世界で自身の能力や繋がりが向上していく、と

述べられています。

 

ぼく自身、自分の名前をもじって名乗り

リアルとネットを分けているような状態です。

 

しかし、今後世界が変わっていくことを見据えると

分け隔てずに統一して自分自身を発信するほうが

必要ではないかと、思うようになりました。

 

プルのコミュニケーション

 コミュニケーションには

「プッシュ」「プル」の2種類があると解説されています。

 

「プッシュ」は発信者が自分の都合で情報などを

提供したり、場合によっては押し付けたりすることです。

 

「プル」はその反対で、発信した情報などを

本当に必要とする人が求めて検索し、コミュニケーションに

繋がっていくと述べられています。

そして、少しずつネットに広がっていき

利用者=ファンが増えていく効果があります。

 

この概念について、今まで「プッシュ」の方に注力して

「プル」側となる人たちの立場を考えて

何が求められ、必要かを前提に発信していないな、と

考えを改めることができました。

 

メモを取る感覚で気楽に行う

 「プル」のコミュニケーションを踏まえて

いざ投稿しようとするものの

面白い内容なのか、読みやすいのか、と不安になり

自分でハードルをグングンと上げてしまいます。

 

ですが、本書では

発信を「自分のためのメモ」だと考えることで

ハードルを下げて簡単・気軽に取り組めるように

考え方を変えることができます。

 

また「自分のためのメモ」を活かすための

「発信のポイント」「ズラすコツ」

それぞれ10個紹介されています。

 

具体的な説明は実際に本書を手に取り

自分自身で確認していただきたいですが

根幹となるのはやはり

難しく考えず、いろいろなことに興味を持ち

積極的に楽しく発信する

ということです。

 

これからの「ニューノーマル」の指南書

 「新しい生活様式、つまりニューノーマルの世界になり

今まで当たり前で普通だったことが通用しなくなりつつあります。

特にビジネスや日常生活のコミュニケーションでは

ネットを介してやり取りするほうが多くなっています。

 

そうした中、ブログやSNSが今後ますます必要となってきます。

かくいうぼく自身もコロナショックをきっかけに

ブログ、インスタグラム、ツイッターを始めたひとりです。

 

以前までは流行りのモノ、自己演出のツールと決め付け

関心を持っていませんでした。

 

いざ始めてみると、知識や技術の向上だけでなく

ネットを介してさまざまな人の好みや考え方、流行といった

今まで知らなかったことを次々と知り

自分自身のモノの見方や考え方を変えることができました。

 

しかし、まだまで初心者の域であり

上述のように悩み、苦しむことがたくさんあります。

その時に本書と出会い、これからも続けていこう、と

希望を持てるようになりました。

 

「SNSの教科書」のみならず

ニューノーマル時代の指南書」と呼べる内容でした。

 

 おわりに

ブログ・SNSを始めて人生が変わった!

よく言われますが、自分もそう思えるようになるとは

今まで想像がつきませんでした。

コロナが終息した後もきっと生活の一部となって

続けていくことになるでしょう。

 

今後さらに世界が変化していくとしても

本書で紹介されたことをベースにして

自分自身に合ったやり方を試行錯誤し

多くの方々に提供していけるように、日々努力していきます!

 

長くなりましたが

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

次回もよろしくお願いします!

 

          抹茶のり