抹茶のりブログ

ポジティブライダーのたのしいこと探しの雑記ブログ

水槽の小さな侵入者? メダカ水槽メンテナンス その1 

みなさん、こんばんは!

抹茶のりです!

 

突然ですが、事件です!

小メダカを育てている水槽に小さな侵入者を発見したのです。

それがこちらです。

 

f:id:maccyanori:20201031232029p:image

 

このままだと見えにくいので、さらに近づくと…

 

f:id:maccyanori:20201031232036j:image

 

パッと見た感じだと、水草のくずみたいですが

よく見てみると昆虫の足やしっぽのようなものがあります。

 

最初は大きい方の水槽でメダカと一緒に飼っている

ヤマトヌマエビの子供だと思っていました。

しかし、汽水域という特別な環境でなければ繁殖しません。

 

ひょっとすると、小さな虫が侵入したのでは、と考え

ネットで「メダカ水槽 エビっぽい」で検索してみました。

すると、彼ら?の正体が判明しました。

 

「ヤゴ」です。

トンボの幼虫が侵入していたのです。

 

この小さな水槽は、日中は外に出して

小メダカたちに日光浴をさせていました。

その時にトンボが産み付けたのでは?と推測しています。

 

その水槽には元々、メダカの卵や生まれたての小メダカを

飼育していましたが、なぜか最近小メダカの姿を見なくなりました。

水面にたくさん泳いでいたのですが、もしかして

気温の変化で☆になってしまったのでは、と思っていました。

 

そろそろお気づきの方もいると思いますが

今回水槽に侵入したヤゴ(トンボ)は肉食です。

 

つまり、

ヤゴが小メダカを食べたので数が減ってしまったのです!

実際に食べている場面を見たわけではありませんが

ネットでいろいろ調べると、同様の体験談が掲載されていました。

 

ひとまず目で確認できるヤゴをすべて取り除きましたが

どうやら底砂の中にも隠れているようです。

明日にでも水槽をリセットして、小メダカが安全に

成長できる環境にやり直していきます。

 

せっかく卵をいっぱい取り分け、ようやく孵化し、

元気に泳いでいたのに、残念で仕方がありません!

これも自然の摂理なのかもしれませんが、

あらかじめメダカの天敵を調べていなかったことを

今になって後悔しています。

 

楽しく育てるだけではなく、メダカがしっかりと

成長できるように飼い主も勉強しなければならない、

ということを学ばせてもらいました。

動物を育てるといろいろ学ぶことばかりです。

 

みなさんもメダカを飼育されていましたら

ヤゴが侵入していないか、確認してみてください。

メダカがいなくなってからではホントに後悔しか

残りませんので、気を付けてください!

 

長くなりましたが

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

次回もよろしくお願いします!

 

          抹茶のり