抹茶のりブログ

ポジティブライダーのたのしいこと探しの雑記ブログ

京都東山「マルシン飯店」の天津飯大盛りいただきました!

みなさん、こんにちは!

抹茶のりです!

 

みなさんは中華料理で必ず注文するものはありますか?

ラーメン、餃子、炒飯など、魅力的な料理がたくさんありますが

ぼくは天津飯があれば必ず注文します。

(炒飯も大好きで、すごく悩みますが…)

 

京都はラーメン店、中華料理店がたくさんあり

大手チェーン店発祥の地でもあります。

そのなかでも、天津飯の有名店として

TVで幾度も特集に取り上げられているのが

京都東山三条「マルシン飯店」です。

 

ランチタイムや夕方以降にはお店の前には行列が並び

いつかは行ってみたいという野望を抱いていました(笑)

そこで、先日ピークを過ぎた時間を狙って、お店に行きました。

平日の13時過ぎになると、行列は無く、店内も落ち着き

待ち時間無く座ることができました。

 

店内は年季が入っていて、これぞ中華屋!という雰囲気があり

ますます料理への期待が高まります。

メニューはたくさんあり、どれも美味しそうなのですが

すでに天津飯は決まっていました。

 

それも「大盛り」で!

 

普通サイズもまだ食べたことが無いのに!

天津飯+他の料理という注文も考えましたが

天津飯オンリーで、天津飯だけで満腹になりたかったので

大盛りで注文しました。

 

普通サイズは¥750(税込)ですが

大盛りは+¥250の¥1,000(税込)となります。

天津飯にしては少々高いと思われるかもしれません。

ですが、実物を見るときっと納得していただけます。

 

注文してから5分ぐらいでやってきました(早いっ!)

それがこちらです!

f:id:maccyanori:20201107113811j:image

 

でかいっ!!

少し斜めから見てみますと…

 

f:id:maccyanori:20201107113748j:image

 

レンゲが小さく見えてしまいます!

 

どのくらいの大きさかと言いますと

餃子の王将でよく注文する天津飯

レギュラーサイズの2人前以上あるのでは?と

思わせるほどの大ボリュームです。

(お腹を空かせておいて正解でした!)

 

期待を込めて、いざ食べてみますと

ふわふわとろっとろのちょうど良い卵

あっさりしつつもコクのある醤油ベースの餡

ベストマッチしていて、最後までレンゲ?が止まらず

一気に最後まで完食してしまいました。

 食べ終わったときには満腹感幸福感に満たされ

あまりの感動に余韻に浸ってしまいました! 

 

天津飯がこれだけ美味しかったので

炒飯もさぞ美味しいのだろう、と食べ終わったばかりなのに

もう次のことを考えてしまっています(^O^)

 

次回は炒飯名物の餃子にも挑戦し、

その感想をブログで紹介していきたいと思います。

 

京都に観光に来られた際には

是非、マルシン飯店の天津飯を召し上がってみてください。

きっとその美味しさに満足していただけます!

 

長くなりましたが

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

次回もよろしくお願いします!

 

          抹茶のり