抹茶のりブログ

ポジティブライダーのたのしいこと探しの雑記ブログ

「魔法のコンパス」読みました! 簡単な感想・まとめ その③

みなさん、こんばんは!

抹茶のりです!

 

一日中冷たい雨が降り、12月並みの寒さとなりました。

これからもっと寒くなると思うと

寒さに弱い身としては、 今から体が震えそうです(=_=)

 

そんな、日に日に寒くなる季節ですが、

いつもと変わらず、本の紹介をしていきます。

 

西野亮廣 著

「魔法のコンパス 道なき道の歩き方」

主婦と生活社 2016年 8月12日 刊行)

 

f:id:maccyanori:20201016115612p:plain

 

今回は第2章を紹介していきます。

ここではお金の話がメインとなっており

クラウドファンディング「マネタイズ」といった

今では当たり前のように使われている言葉が登場します。

 

4年前ですが、いち早く時代を先取った行動を

起こしていることに、章を重ねるごとに驚かされます。

 

 

第2章 お金の話をしよう

お金と信用

冒頭で紹介しました

クラウドファンディング」と「マネタイズ」

そのどちらにも必要不可欠なのが「信用」です。

 

信用を得るための方法の一つとして

「相手を楽しませること」が挙げられます。

 

西野さんの知人である「ホームレス小谷」氏は

自分の一日を50円で売り、相手であるお客さんを

楽しませ、信用を重ね続けたと言われています。

(詳しい内容は本書で確認してみてください)

 

西野さん自身も個展の開催や独演会、

前章で紹介しました「ハロウィン活動」など

ファンの方々に楽しんでもらうことに

全力を注ぎ、信頼を重ねられました。

 

周囲の人たちから信頼を得るには

成功と成果を出すこと、と考えがちになります。

 

しかし、本当にするべきことはお二人のように

相手に楽しませ、信頼を得ること

その先に成功や成果が待っているはずです。

 

勝てるところで勝つ

前章で紹介しましたが、西野さんは

出演番組を削るという大胆な決断をしました。

絵本をはじめとする、アート活動など

自分が好きなこと、やりたいことのために。

 

このように大胆に行動するためには

ここなら勝っている部分で努力する

つまり

勝てるところで勝つ

 という意識があったからです。

 

現代社会は競争が激化し、個々の能力や

個性が重要視されつつあります。

周囲の人と同じように生活し、働くことは

もはや時代遅れなのかもしれません。

 

これなら勝てると言える、自分の好きなことや

得意なことに向けて努力をする。

悪戦苦闘しながらも、情熱を忘れずに突き進めば

自分の望んでいたゴールに辿り着ける

ということを教えていただきました。

 

まとめ

お金を稼ぐために知識や技術、経験を積んでも

必ず「信用」を得られるわけではありません。 

 

相手に楽しんでもらうためには

まず自分自身が楽しめることはなにかを知り、

それに向かってトコトン追求していく

 

だれにも負けない、自分だけの楽しいことを作り上げ

相手にその楽しさを伝えることができれば

「信用」となって、自分自身に還ってきます。

 

これから何をすればいいのか、

どんなふうになりたいのか、と迷っていました。

まずは原点に立ち返り、自分の楽しいことは

何なのかを見直し、西野さんのように

「信用」を得られるように努力しよう、と

気持ちを一新して、がんばってみます。

 

もし、みなさんも同じように迷っていれば

原点に立ち返り、一緒に楽しいことを探してみましょう!

 

長くなりましたが

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

次回もよろしくお願いします!

 

          抹茶のり