抹茶のりブログ

ポジティブライダーのたのしいこと探しの雑記ブログ

「魔法のコンパス」読みました! 簡単な感想・まとめ その②

みなさん、こんにちは!

抹茶のりです!

 

昨晩から冷たい雨が降り、朝から寒い一日となりました。

一足先に毛布を引っ張り出しておいて、正解でした!

 

それでは、

本日もこちらの本を紹介していきます。

 

西野亮廣 著

「魔法のコンパス 道なき道の歩き方」

主婦と生活社 2016年 8月12日 刊行)

 

f:id:maccyanori:20201016115612p:plain

 

今回は第1章を中心に紹介します。

この章では、2016年時点においての

これからの芸人としての在り方・必要となるもの

そして、ハロウィン活動のことが書かれています。

 

刊行から4年後にはじめて読みましたが

まるで未来を予見しているかのように

現実世界で実現している部分があり、とても驚きました。

 

この章を読むことで、

広い視野と先を見通す力

西野さん自身の経験を通じて知ることができます。

 

第1章 向かい風はボーナスチャンス!

「一番便利な部位を切り落とす」とは

お笑い芸人として成功しているにも関わらず

  • このまま続けていいのか?
  • 本当にやりたいことはなにか?

と、自問自答し、決断したときの心情が描かれています。

 

その決断というのが

「一番便利な部位を切り落とす」こと。

つまり、

レギュラー番組以外のテレビの仕事を全部やめることでした。

 

それまでの仕事に結果を出せなかったこと、

自分が何者にもなれない、何になりたいんだ、

という不安があったと言われています。

 

その「切り落とす」過程において

バラエティ番組でよく使われている

「ひな壇」の存在について、独自に解釈されています。

 

同じ「ひな壇」に座っている

自分以上に実力やセンスのある芸人や

有名人などに敵わない、と悟ったことに加えて

今後「ひな壇」自体が無くなると予想し、退かれました。

 

その「ひな壇」自体が無くなる理由として

ネットの普及によるテレビ離れが加速し、

スマホ中心になり、「ひな壇」の存在が不必要になる

と、述べられています。

 

当時予想された状態が現実になりつつあります。

この4年で急速にネットが進化したことに加え

コロナウイルスの流行が重なり、TV業界の在り方も

大きく変化しました。

バラエティ番組は特に顕著であり、3密回避の影響で

「ひな壇」という形が取れなくなり

いわゆる「ひな壇芸人」の需要も減りました。

 

コロナウイルスの流行はだれも予想していませんでしたが

この「ひな壇」の今後の在り方(必要性)を予想し

自分のやりたいことにシフトする、

いわば「先見の明」は素晴らしいと思いました。

 

現状を維持、もしくは改善するのではなく

先を見通して、自分はどうするのかという決断は

そうそう真似することは出来ませんが

これからの時代にはますます必要となってきます。

 

ハロウィン活動の真意

この「ハロウィン活動」というのは

近年騒がれている渋谷のハロウィンで発生する

ゴミ問題を解決するため、西野さんが音頭を取って

ゴミを回収し、そのゴミでアート作品を作る

という、活動のことを指します。

 

綺麗な街にしたい、という想いも大切ですが

それだけではなかなか行動に移せないのが実情です。

 

ですが、どうやったらいろんな人が

取り組んでもらえるのかを考え、

みんなが楽しく参加できるイベントとして

この活動を立ち上げたのです。

 

映画ゴーストバスターズをオマージュして

オバケ退治ならぬ、ゴミ退治を行い

集まったゴミをみんなでアート作品を作る、という

楽しみながら良いことをするイベントへ昇華させました。

 

だれもがやりたがらないゴミ拾いを

綺麗にしながら、参加者みんなと楽しむ、

アートという形で成果を表現する、という発想は

誰にも思いつかなかったのではないでしょうか?

 

まとめ

自身の仕事観や社会の問題に目を向け

自分ならどう考え、行動すれば良くなるのかを

周囲の目を気にすることなく、突き進む。

 

自分が幸せになれる世界を作れるのは

自分にしかできない

という想いが伝わってきます。

 

4年前の自分はこんな風に未来を見通せていたのか

そもそも、先を見据えて、なにか考えて、

行動しようとしていたのか、と振り返ると

目先のことだけに気を取られてばかりでした。

 

どんなときでも常に広い視野を持って

未来や身の回りのことに目を向けること

必要だと学ぶことができました。

 

次回は第2章を紹介していきますので

引き続き、よろしくお願いします!

 

          抹茶のり