抹茶のりブログ

ポジティブライダーのたのしいこと探しの雑記ブログ

2021年京都十六社朱印めぐり開始します!

みなさん、ごきげんよう

抹茶のりです‼︎

 

1月もすでに中旬となり、ほとんどの方が

初詣を済まされたことでしょう。

 合掌のイラスト(着物の家族)

自宅周辺や開運スポットなど、自分だけの

お気に入りの初詣の場所があると思われます。

 

今回は僕が毎年行っている初詣

「京都十六社朱印めぐり」

について紹介します。

 

初詣なのに朱印巡り?と疑問に思われますが

どんなご利益があるのかも含めて

簡単にですが紹介していきます!

 

 

<朱印巡りってなに?>

そもそも朱印巡りとは何なのか?

 

簡単に言えば、お寺や神社を参拝した証で

発祥は平安時代ごろと言われています。

 御朱印帳のイラスト

神仏の加護、死者の供養、信行深さなどを表すために

「納経」と呼ばれる、寺院で写経して

納める行為の証明に用いられた印が

ルーツとされています。

 

朱印をポンと押すだけでなく、

墨書き(寺社仏閣や御本尊の名称など)を

一つ一つ丁寧に添えて書かれ、

社務所に行列をなすこともあります。

 

場所ごとに描かれる美しい文字や

絵柄を目当てに参拝されることが多く、

最近では朱印巡りがご高齢の方だけではなく

若い世代の間でも静かなる人気となっています。

 

<京都十六社朱印めぐりとは?>

それでは今回のテーマである、

京都十六社朱印めぐりとは一体何なのか?

 

京都に点在する16の神社を巡って朱印を集める

いわばスタンプラリーのようなものです。

 神社のイラスト

最初に参拝した神社で専用の台紙をいただき

各所で朱印を集めると、以下の写真のように完成します。

f:id:maccyanori:20210112134930j:image

この写真は昨年度のもので

16個の朱印を押すので、横長に大きくて

写真のように額に飾ってみることもできます!

 

また16カ所全て巡り終わると、

最後の参拝場所で干支の置物をいただけます。

 

その際に専用台紙と一緒に貰える

記念品引換券に必要事項を記入し

引換券と交換する必要があります。

f:id:maccyanori:20210112135958j:image

こちらの写真も昨年度のものです。

 

16カ所全て巡った記念でいただく置物は

市販で売られているものよりも精巧で

且つ、干支が可愛らしく作られているので

家の中に飾るには最適で御利益があります!

 

<注意点!>

十六社を巡る際の注意点を

簡単にまとめると、以下の通りです。

  • 朱印代がかかる!
  • 参拝場所が広範囲!
  • 開催期間と朱印受付時間! 

 

当然のことながら、朱印代が必要となり

16ヶ所すべてで合計¥4800になるのに加えて

移動手段によっては交通費が掛かる場合があります。

 

なので…

最後まで必ず達成させる!

 

という強い意思をもって取り組んでください。

 

参拝場所が京都の各所に点在しており

且つ、京都市以外の長岡京市にも神社があるので

京都の東西南北全て巡ることになります!

f:id:maccyanori:20210112144114j:image

 

参拝時間と期間が

午前9時から午後5時(1月1日~2月15日)で

時間内に京都各所に点在する神社を

1日で制覇するのはとても困難です。

 

数日に分けて巡ることをオススメします!

 

<おわりに!>

京都の16カ所全てを巡るのは一見難しそうですが

いろいろな場所を巡るのが楽しくなり、

京都の意外な一面を知ることができます。

 

そして16カ所全て巡ったときの達成感と

完成した朱印台紙、そして干支の置物は

一年のご利益をあずかれるでしょう。

四つ葉のクローバーを発見した人のイラスト(女性)

このブログで16カ所巡りの様子を紹介する予定なので

興味のある方はぜひ読んでみて下さい‼︎

 

長くなりましたが

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

次回もよろしくお願いします!

 

それでは、ごきげんよう(^O^)/

 

  抹茶のり