抹茶のりブログ

ポジティブライダーのたのしいこと探しの雑記ブログ

吉祥院天満宮へ行く!2021年京都十六社朱印めぐり(2か所目)

みなさん、ごきげんよう

抹茶のりです‼︎

 

ここ数日暖かくなりましたが

再び冬の寒さが到来するとのこと…

 

「雨が降れば暖かくなる」という

昔からの言葉がありますが、暖かくなるのは

もう少し先になりそうですねッ(>_<)

 

今回は京都十六社朱印めぐりの2ヶ所目

吉祥院天満宮を紹介します。

 

前回の「長岡天満宮に続き

菅原道真公にご縁のある天満宮つながりで

紹介させていただきますので

興味のある方は是非参考にしてみてください!

 

 

吉祥院天満宮への行き方!>

吉祥院天満宮へ行く際は公共交通機関

市バスか電車がオススメです。

 

電車はJR京都駅から1駅目の

西大路駅(2〜3分程度)で駅から徒歩10分程度、

市バスは吉祥院天満宮前」で徒歩3分程度となります。

 

実はこの吉祥院天満宮はボクの家から

すぐ近くのところにあり、

毎年ここを起点に十六社巡りを行っています。

 

天満宮の周りにはバス停留所やJRの駅だけでなく

イオンもありますので、アクセスや生活の面において

不便さを感じる事はありません。

 

天満宮までの道のりは交通量はそれほど多くなく

静かにのんびり歩けて、あっという間に到着します!

 

<いざ参拝!>

公園のそばを通り抜けると吉祥院天満宮が見えてきます。

f:id:maccyanori:20210116223426j:image
f:id:maccyanori:20210116223422j:image

このまま歩いていくと

「鑑の井」の前に差し掛かります。

f:id:maccyanori:20210116223635j:image

こちらは道真公が役所にご参勤の時に

お姿を映された井戸と言われています。

 

その向かいには

「産湯の井跡」があります。

f:id:maccyanori:20210116224002j:image

この名前から分かるように吉祥院天満宮

菅原道真公が生誕された場所であるとともに

最初の天満宮と伝えられています。

 

僕が住んでいる場所のすぐ近くに

このような由緒ある場所があることに

今でも驚きを隠せません!(・∀・)!

 

2つの井を通り越すと鳥居が見えてきます。

f:id:maccyanori:20210116224246j:image
f:id:maccyanori:20210116224250j:image

今回も平日の昼過ぎに行きましたので

他の参拝者の姿は少なく、静かに参拝することができました。

 

こちらでもコロナの感染対策が行われ

鈴や手水などが取り除かれていました。

f:id:maccyanori:20210116224703j:image

f:id:maccyanori:20210116224647j:image

そして、天満宮といえば「牛」です!

 

なんと、昨年の6月に新しく

「金のなで牛・くぐり牛」が設けられました!

(知らなかった…(゚Д゚)ノ )
f:id:maccyanori:20210116224657j:image

拝殿前にある2体の「狛牛」の経年劣化が進み

新しく金の牛が設置されたとのことです。

 

この金の牛をなでて・くぐることで

願い事が成就するという思いが込められています。

 

繊維強化プラスチックで作られ、消毒用アルコールも

置かれているので、安心して触ることができます。

 

これも何かの縁なので、実際になでて・くぐってみました!
f:id:maccyanori:20210116224653j:image

本当にくぐれるのか?と心配しましたが

無事にくぐることができ、ご利益を授かりました!

 

今年1年の願いを込めて参拝を済ませ

最後に朱印を頂戴しました!
f:id:maccyanori:20210116224650j:image

 

<おわりに!>

前回の長岡天満宮に続き、道真公にゆかりのある

天満宮を参拝し、併せて金の牛に対面することができ

幸先の良い動きとなりました!

 

残り14か所は京都の各地に点在していますので

根気よく回る必要がありますが

今年もすべて参拝し、祈願成就を目指して頑張ります!

  

 長くなりましたが

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

次回もよろしくお願いします!

 

それでは、ごきげんよう

 

  抹茶のり