抹茶のりブログ

ポジティブライダーのたのしいこと探しの雑記ブログ

コロナで献血がピンチです!

みなさん、こんにちは!

抹茶のりです!

 

前回の記事で宇治紅葉巡りを紹介すると

書かせていただきましたが、テーマを変え

献血について紹介していきます。

(楽しみにしていた方、申し訳ございません(>_<))

 献血のイラスト

 

というのも、タイトルに記載しましたように

コロナの影響で、献血がピンチです!

具体的には…

  • 全体的に血液が足りない
  • 提供者が少ない
  • リピーターが少ない

ということです。

 

簡単にですが、現在の献血の状況を

自身の体験を交えて紹介していきます。

 

 

<久しぶりの献血!>

前回の献血から期間が空き、献血可能日となりましたので

先日久しぶりに行ってきました。

 

献血ルームが入っているビルの前に置かれた

「全血液が不足し、困っています」

という看板が目に入りました。

新聞・ニュースなどで献血が困っているという情報を

聞いていましたが、いざ目の前にすると

その緊迫さが良く分かりました。

 

ちなみに

献血の会員、ラブラッド会員に登録すると

事前予約が可能で、スムーズに受付することができます。

ぼくも会員登録を済ませているので、

待つこと無く、すぐに取り掛かることができました。

 

献血ルームにはぼくの他にも10人程おられて

平日の夕方の割には人が多い印象を受けました。

諸々の手続きをしている最中に

スタッフさんと少し会話をしました。

 

やはりコロナの影響で提供者が少ないため

全種類の血液が不足しているとのことです。

 

このような状況なので、次回献血の予約を勧められました。

幸い予定が空いているので、年末に予約を取りましたが

年末年始も会場していると考えると

本当に頭が下がる思いです。ありがとうございます。

 

念のため、献血の工程をご存じない方に

分かりやすく説明しますと、以下の通りです。

 

チェック項目の確認(5分程度)

  ↓

血圧測定(1~2分)

  ↓

問診(2~3分)

  ↓

血液検査(5~10分)

  ↓

献血(30~60分以上)

 

最後の献血についてですが

献血の種類によって所要時間が大きく変わります。

献血は15分程、成分献血は60分~と長く

加えて、健康状態や個人差、季節、込み具合によって

所要時間が変わりますのでご注意を。

 

以前ブログでも書かせていただきましたが

休憩室や採血室は快適で居心地の良い清潔感があり

「病院=暗い」のようなマイナスイメージはありません。

 

ドリンク自由、読書自由、休憩自由、

献血後にゆっくり安静できるよう、設備が充実しています。

献血ルームによって、設備などが多少違いますので

行かれる際には事前に確認したほうが良いでしょう。

 

<ラブラッド会員とは?>

冒頭に説明しましたラブラッド会員ですが

事前予約の他にも、メールで検査結果の連絡

記念品交換などの特典がありますので

興味のある方は登録してみてください。

 

今回、記念品交換の為のポイントが貯まりましたので

「吸水マット」と交換しました。

それに加え、今月12月はクリスマスプレゼントとして

お菓子の「チョコパイ」も一緒に貰えました(^ω^)

f:id:maccyanori:20201202002153j:image

このように、楽しくリピートできる仕組みがあるので

他の方々にも認知してもらい、

もっと献血が増えれば、と思います。

 

<おわりに!>

コロナの影響で密を避けたい、という風潮になり

以前に比べて献血=血液が少なくなっています。

街頭での宣伝、献血バスなどの活動が控えられ

ますます献血する機会が減少しています。

 

献血を始めて、数十年と長く続けていますが

コロナでピンチという状況を聞くと心苦しくなります。

献血ルーム医療機関なので、商業施設に比べて

感染対策は十分行われています。

 

確かに100%安全と言える状況ではありません。

しかし、献血が少なく、血液が不足すると

救える命が救えなくなります。

 

コロナの影響で先の状況が見えないため

この記事を読んで献血に行きましょう、と

安易に勧めることはできません。

 

せめて、この記事をきっかけに

献血の状況を知り、興味を持っていただければ幸いです。

以前の様に、安心して献血ができる状態に戻れるよう

日々の体調管理・感染対策を引き続き、徹底していきます。

 

長くなりましたが

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

次回もよろしくお願いします!

 

          抹茶のり

 

一万人の声から生まれた"至高"の水素水サーバー