抹茶のりブログ

ポジティブライダーのたのしいこと探しの雑記ブログ

「陰翳礼讃」から学ぶ、砂壁の魅力

みなさん、こんにちは!

抹茶のりです!

 

みなさんのご自宅はどのような壁でしょうか?

 

現在ではクロス張りの住宅が多いと思われますが、

我が家では昔ながらの「砂壁」であります。

砂壁というと、古臭く、薄暗い、砂がぼろぼろ落ちる、

といったマイナスイメージを持たれるかと思います。

 

僕自身も現在の家に約30年住んでいますが

やはり室内はどこか薄暗く感じてしまいます。

母も塗り替えたら明るくなるのに、とぼやくこともあります。

 

唐突にこの「砂壁」のことを記事に書いているのかと

言いますと、現在読み進めている

谷崎潤一郎著「陰翳礼讃」にこのような文章があります。

 

            (谷崎潤一郎 陰翳礼讃 中公文庫より)

 

本来、砂壁は以下のようなメリットがあります

  • 調湿効果があり、室内で快適に過ごせる
  • ハウスダストや化学物質などを吸収する
  • 砂による防火効果で、延焼を防止する

ですが、谷崎潤一郎はこれらの機能性だけでなく

日本家屋としての美しさに注目していました。

 

それが良く分かる説明が以下のように続きます。

 

「われわれは何処までも、見るからにおぼつかなげな外光が、

 黄昏色の壁の面に取り着いて辛くも餘命(余命)を保っている、

 あの繊細な明るさを楽しむ。

 われわれに取ってはこの壁の上の明るさ或はほのぐらさが

 何物の装飾にも優るのであり、しみじみと見飽きがしないのである」

             (谷崎潤一郎 陰翳礼讃 中公文庫より)

 

深いです…。

ここまで考えたことがありませんでした!

 

現代建築で用いられるクロス張りの壁は

確かに光を良く反射し、僅かな光でも室内を明るくします。

ですが、あまりにも明かり過ぎると日本古来の風情を損なう

という一面を持っています。

 

私たちが古くから存在する寺社仏閣などの建築物を訪れると

薄暗いながらも不快感を感じることはありません。

 

必要最低限で且つ色調が抑えられた調度品、

敷き詰められた畳の柔らかい色調、

そして、砂壁の調光によって

私たちが心を落ち着かせ、美意識を促す

”侘び寂び(わびさび)”の空間を生み出します。

 

そのような日本の伝統美が詰まった砂壁や畳に囲まれ

何も感じることなく、約30年過ごしていたと考えると

日本人として恥ずかしくなります(>_<)

 

古典に親しみ、語彙力を鍛えるために読み始めた

「陰翳礼讃」には、私たちが遠のき、忘れてしまいがちな

日本古来の伝統や良さを再発見させてくれます。

まだまだ序盤ですが、読み進めていき、

日本文化の真髄に近づけるよう、努力します!

 

長くなりましたが

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

次回もよろしくお願いします!

 

          抹茶のり