抹茶のりブログ

ポジティブライダーのたのしいこと探しの雑記ブログ

【玉の輿の起源は京都にあり⁈】今宮神社へ行く!2021年京都十六社朱印めぐり(11か所目)

みなさん、ごきげんよう

抹茶のりです‼︎

 

梅の花がちらほら咲き始め、

寒いながらもようやく春らしくなってきました。

 

今回のブログは再び京都十六社朱印めぐりで、

「今宮神社」を紹介していきます。

 

実は…

今宮神社はわたしたちが一度は憧れ・羨む言葉

「玉の輿」の発祥の地と伝えられています!

 

どのような経緯で玉の輿が生まれたのかを

カンタンに紹介しますので、興味のある方はご覧ください。

 

<今宮神社へ行く!>

今宮神社の近隣には駅がないため

市バスの利用して「今宮神社前」で下車

もしくは船岡山で下車することをオススメします。

 

船岡山」の停留所で降りると

今宮門前という交差点に着き、

「今宮神社」と刻まれた石柱が立っています。

f:id:maccyanori:20210211115750j:image

 

ここから北へ約5分ほど歩いていくと、

目的地の今宮神社に辿り着きます。

f:id:maccyanori:20210211115821j:image
f:id:maccyanori:20210211115817j:image

天気の良いお昼に訪れたので、

今宮神社の彩り美しい朱色が映えていました!

 

<いざ参拝へ!>

それでは、いざ参拝へ!

f:id:maccyanori:20210211120207j:image

 

門をくぐり、境内に入ってみると…
f:id:maccyanori:20210211120214j:image
f:id:maccyanori:20210211120217j:image
f:id:maccyanori:20210211120210j:image

まるで天にも届きそうな

大きな木が目の前に飛び込んできます。

 

木々に囲まれるように

滋賀県の唐崎神社より寄進された松、

「唐崎の松」がひっそりと植えられています。

 

何十年、何百年後には他の木々同様に

大きくなると考えると、とても壮大ですね(~_~)

f:id:maccyanori:20210211120446j:image

 

平日にも関わらず、参拝の方々が割と多く、

本殿の写真を近くで撮れなかったので、少し遠めから撮影。

f:id:maccyanori:20210211120654j:image

 

今宮神社は悪疫退散の想いを込めて

建てられた神社と言い伝えられています。

 

平安京が遷都された時代、

当時の人々は疫病や災厄などで苦しんでおり

時の天皇一条天皇が悪疫退散のために

船岡山に疫神を祀ったことが由来だとされています。

 

いつの時代も、人々は疫病や災厄と戦い

平穏無事に向けて頑張っていたことが分かりました。

 

すぐ隣には社務所があるので、

さっそく朱印をいただきました!
f:id:maccyanori:20210211120659j:image

f:id:maccyanori:20210211121020j:image

 

<玉の輿の起源とは?>

今宮神社の境内には登録有形文化財の社などが

歴史的価値のある建築物が数多くあります。

 

その中でも個人的に注目したのが

冒頭にも述べました「玉の輿」にまつわるレリーフです。

f:id:maccyanori:20210211125110j:image

 

こちらの人物は桂昌院とよばれる女性で

あの徳川綱吉の生母で、「お玉さん」ともよばれていました。

 

元々は徳川家光の側室であり、

そこから女性としての最高位とされる

従一位まで昇り詰めました。

 

その功績と呼称のお玉さんにちなんで

「玉の輿」という言葉が生まれたと伝えられています。

 

現代人が玉の輿と聞くと、

成り上がりやシンデレラストーリーのような

キラキラしたイメージを持つかもしれません。

 

ですが、

桂昌院は故郷の西陣の興隆に貢献したり、

今宮神社の再興や祭礼を盛り立てたり、と

周囲の人々から賞賛されるに値する活動を行っていました。

 

普段何気なく使う言葉の歴史を辿っていくと、

本来とは違った経緯で生まれ、使われていたことを 

今回の参拝で知ることができました。

 

最後に、今宮神社の東門を出てすぐに

炭火で炙って白味噌であえた「あぶり餅」

有名なお茶屋「かざり屋」があります。

 

参拝後にこちらで一息ついて、

今宮神社の静かな雰囲気をあぶり餅を

召し上がりながら満喫するのもオススメです!

f:id:maccyanori:20210211125223j:image
f:id:maccyanori:20210211125219j:image

 

<おわりに!>

悪疫退散、玉の輿など

今宮神社の歴史と現代の生活が

妙に繋がっているのはとても興味深いです。

 

前述しましたが、寺社仏閣への参拝は

神様や仏様、ご先祖様や自然などへの感謝だけでなく

自分達の土地やそれにまつわる人々や歴史を学ぶ機会

だということを教えて貰えます。

 

残すところは5か所、どんな由緒ある神社なのかを

引き続きブログで紹介していきますので

よろしくお願いします!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

 

それでは、ごきげんよう

 

  抹茶のり