抹茶のりブログ

ポジティブライダーのたのしいこと探しの雑記ブログ

「ごきげんよう」ってどんな時に使うの?

みなさん、ごきげんよう

抹茶のりです!

 

今回から冒頭の挨拶を

ごきげんようで始めてみることにしました!

 

 シルクハットを被った紳士のイラスト

 

今までは「こんにちは」「こんばんは」

スタートしていましたが、よくよく考えると

読者の方にとって閲覧する時間帯はまちまちで

「あまりしっくりこないなぁ〜」

「読者のタイミングに合ってるのかな?

と薄々感じていました。

 

そこで朝晩問わず、どの時間帯の方々から見ても

違和感なく導入しやすい言葉として、

このごきげんようを使うことにしました。

 

今回はごきげんようについて

実体験をもとにまとめてみましたので

カンタンにですが、紹介していきます。

 

 

<何でごきげんようを…?>

実生活において、ごきげんようを使う機会は殆ど無く

小説やドラマで描かれる上流階級や西洋の世界、

 もしくは小堺一機氏司会の番組

ごきげんようをイメージする方が多いのでは?

 

実はボクの場合、

実際に口に出して使ったことがあります!

 

というのも、

茶店勤務の時に短期アルバイトの女の子が

挨拶と一緒に使っていたのがきっかけでした。

 

f:id:maccyanori:20210103223613p:plain

 

その娘の特徴といえば、 

個性的かつお嬢様っぽい雰囲気で

京ことばの「はんなり」のような娘でした。

(この「はんなり」も京都人ですら

 ほとんど使ったことは無いのですが…)

 

 舞妓さんのイラスト

(ちなみに舞妓さんではありませんので…)

 

出退勤や休憩で顔を合わせた時に

向こうからジョーク交じりで使ってきて

「何を言っているんだ…?」

と最初は戸惑ってしまいました(^_^;)

 

こっちも面白半分で使ってみると

最初は照れくさいですが、意外と面白いもので

何とも言えない妙な清々しさを感じられます。

 

<そもそもどういう意味なの?>

諸説ありますが

元々京都の宮中で使われていた

御所ことば「ご機嫌よう」と書き

相手の健康状態などを気遣う意味

使われたと言われています。

 

これとは別で東京の山の手ことば

「ごめんあそばせ」

「◯◯かしら」

「◯◯してよくてよ」…と

いわゆるひと昔前の漫画に出てくる

お嬢様ことばとして

上流階級の方々が使っていたという説もあります。

 

 高飛車に笑う姫のイラスト

(ここまで高飛車ではないと思いますが…)

 

気取って相手を見下すような言葉ではなく

その言葉の意味をきちんと理解して

場に合わせて使えば、問題ありません。

 

初対面の方にいきなり使うのは

さすがにオススメできませんが(;^ω^)

ボクの経験の様に、ある程度親しくなってから

使ってみる方が良いでしょう。

 

<おわりに!> 

最初は恥ずかしくて、口にするのをためらうと

思われますが、相手も自分も新鮮な気持ちになり

その場が和んで、案外と打ち解けられて

使うのが楽しくなります!

 「さようなら」と言っている人のイラスト

新年が明け、もう10日ほど経ちましたが

今からでも心機一転という意味も兼ねて

勇気を出して使ってみてはいかがでしょうか?

 

長くなりましたが

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

次回もよろしくお願いします!

 

それではごきげんよう(^O^)/

 

  抹茶のり