抹茶のりブログ

ポジティブライダーのたのしいこと探しの雑記ブログ

【自己流の読書法を作る!】9か月本格的に読書にハマった成果!

みなさん、ごきげんよう

抹茶のりです‼

 

コロナが流行してから約1年…。

 

この影響で新しいことに挑戦した方は

多いのではないでしょうか?

 

料理、筋トレ、動画、ソロキャン…

巣ごもり時期にさまざまな趣味が流行りましたが

読書に没頭した人も多いことでしょう。

 本の虫のイラスト(男性)

持て余した時間を利用して

本を購入したり、積読した本に挑戦したり…と

読書もとい本の良さが見直されています。

 

ボクも4月の自粛開始から読書を始め

1月までの約9か月間に毎月約10冊読むようになり、

自己流の読書法を作ることができました!

  • なぜそこまで読書にハマったのか?
  • どうやったらハマれるのか?
  • どんな読書法を発見したのか?等々…

 

 今回は自粛期間から始めた読書生活について

カンタンに紹介していきますので

読書に興味のある方は、参考にしてみてください!

 

 

<ハマったきっかけは?>

そもそも、読書にハマったきっかけは

冒頭に述べましたように、コロナの自粛でした。

 いろいろな自宅待機のイラスト文字

当時勤めていた職場が休業→閉鎖し、

それに伴い退職せざるを得ない状況となりました。

 

緊急事態宣言下で迂闊に外出が出来ない状況で

知識やモチベーションなどを高めるだけでなく

「今のままでは生き残れない!」

という危機感から、本格的にやってみようと決意しました。

 

読書自体はコロナ以前にもしていたのですが

マンガや雑誌メインで、ビジネス書などは

月に1冊読むか読まないかというレベルでした。

 

 

 正直、自分自身でも読書にハマれるかどうか

疑心暗鬼のままでのスタートでした…( 一一)

 

<読書のハマりかた!>

読書を始めるぞ、と意気込んでみたものの

「そもそも読書ってどうすればいいのか?」

ふと疑問に感じました。

 

  • ただ数をこなしていくだけで良いのか?
  • チェックしながら読んだほうが良いのか?
  • 読書感想を書く必要があるのか?

 

趣味や時間つぶしに読書を楽しむ分では

今までのように気軽に好きな本を

選べばよかったかもしれません。

 

しかし、自身のスキルアップの場合は

「今までの読み方で大丈夫なのか?」

という不安がのしかかりました。

 

なので、まずは「読書法」をテーマにした本から

プロの方々の方法を学ぶことにしました。

 

いざ本屋や図書館で探してみると

さまざまな読書法に書かれた本がたくさんあり

どれを選んで良いのか分からなくなります…(>_<)

 

速読、飛ばし読み、ライン引き、多読…

 

読書法だけでなく、著者の意見も三者三葉

 

「今までの方法は非効率的で間違っている!」

 

「この方法がこれからの時代にはイチバンだ!」

 

と宣言している本がホントに多いこと…(~_~)

 

一体どれが正しいのか、

余計にこんがらがってしまいました。

 

そのような苦労を乗り越え、読書を重ねると

次第に自分に合った良書に出会うことができ、

どの読書法の本にも共通するポイント

だんだん分かってきました。

 

そうした中、こちらの2冊の本に出会ったことで

ボクが今まで抱えていた読書の悩みを解決し、

読書との向き合い方を変えてくれました。

 

齋藤孝 著 

「大人のための読書の全技術」

KADOKAWA 2014年7月31日刊)

 大人のための読書の全技術

 

木山泰嗣 著

「「記憶力」と「思考力」を高める読書の技術」

 (日本実業出版社 2020年6月27日刊)

 「記憶力」と「思考力」を高める読書の技術

 

具体的な内容は割愛しますが、

この2冊に共通していることは

「自分の好きなようにたくさん本を読む」

ということです。 

 

作中にも書かれていますが

両者は常日頃から読書をたしなんでおり、

年間の読書量は何百冊レベルという

一般の方々とは比べものにならない読書量です!

 

やはり、プロは違うなぁ…(=_=)

 

ですが、

それを成し得えられたのは、特別な才能や技術ではなく

 カタいことを考えず、シンプルに読書を楽しむという

ごくごく当たり前のことを心掛けるだけでした。

 

「読書法を学んで、賢く読まなければ!」

 

と頭でっかちになっていた自分自身にとって

まさに目が覚めるかのような内容でありました。

 

<読書を編み出す!>

固いイメージがあった読書ですが、

お二人の読書法のおかげで

読書を楽しみたい!

という意欲が以前よりも強くなりました。

 

それからは興味を持った本を次々と読むようになり、

次第に読む本の量が増えていきました。

 

月1冊→1週間に1冊→1週間に2~3冊、

以前では考えられない進歩です‼

 

こうして読書量が増えてくると

少しずつ自分なりの読書の仕方が定着し、

ついには自己流の読書法を作るに至りました!

 

その方法というのが…

本に愛着を持つ!

ということです!

 

ただシンプルに、これに限ります。

 

愛着を持つための方法が以下の3点です。

  1. 重要な箇所はマーカー2色で線引き
  2. 気になるページに付箋を貼る
  3. 透明のブックカバーを付ける

 

まず、1については

この方法はみなさんもよくお聞きすることでしょう。

 

実際にボク自身もこの方法が書かれた本には

いくつも出会いました。

 

線引きは必要・不必要と賛否両論でしたが

個人的には線引きは必要だと考えています。

 

マーカーなどで線引きする時には

自分なりに工夫している点があります。

  • 作中の太字部分、つまり作者の言いたい部分は赤
  • 太字以外で、自分にとって大事な部分は青

というカタチで2色に分けると、

のちに読み返す時に見やすくて便利です。

 

次に、2についてですが

線引きをしていても、読み返すときに

目次を参照したり、ページをめくったり…と

探すのに時間がかかり、とても面倒です。

 

それを防ぐ方法が付箋です。

付箋・ポストイットのイラスト(横長)

線引きをしているなかでも

特に大事なページには付箋を貼り、

且つそのページの何が重要なのかをわかるように

飛び出ている部分に書き込みます。

 

つまり、書類整理のインデックスのように使います。

 

実際に線を引き、付箋を貼っていくと

下のイラストのように、少々ごちゃごちゃしますが

探す時間が短縮されて、とても便利です。

付箋の貼られた本のイラスト

加えて、

使い込んでるという自己満足感が高まります(^^)

 

そして、最後の3について、

せっかく線引きしたり、付箋を貼ったりしたのですから

本に透明のブックカバーを付けることをオススメします。

 

愛用して読んでいくと

表紙が汚れたり、欠損したり、濡れたりするので

それらを防ぎ、長く愛用するためにカバーを付けます。

 

長期保存のメリットだけでなく、カバーを付けることで

浴室内で読む時、表紙が濡れるリスクを減らせます!

 

ボク自身、入浴時には必ず本を持ち込んでいますが

カバーが無い場合、細心の注意を払っていても

多少なりとも水滴で表面が濡れてしまいます。

 

しかし、カバーを付ければそのような心配を減らし

入浴しながら読書を楽しむことができます!

お風呂でのぼせる人のイラスト(男性)

ただし、本に熱中するあまり、

のぼせないように注意は必要です…(+_+)

 

あくまで、これら3点は

ボク個人の方法であり、人によっては

このほかにも良い方法があると思います。

 

自分なりのやり方を探すのも

読書の醍醐味ではないでしょうか(^o^)

 

<今後の課題点!>

自分なりの読書法を作ることができたものの

それでもいくつか課題点(改善点)があります。

 

  • 好きな作家・ジャンルを偏重してしまう…
  • 他のジャンルの本に手を出しにくい…
  • 1冊買うだけでも結構迷ってしまう…

 

自分の好きな作家やジャンルができるというのは

良いことなのですが、好きという意識が強くなって

他に手を出すことが少なくなってしまいました。

 

まるで自分の推しのアイドルを大事にするように

新しい風を自分で入れられず、少々困っています…(>_<)

 

 アイドルファンの女性のイラスト

 

そして、何と言っても、

欲しい本が増え、どれにしようかと迷うこと

最大の悩みです。

 

「ベストセラーだから読んでみようかな…」

「内容にピンときたから、こっちにしようかな…」

「価格が高いから、少し考えたほうがいいかな…」

 

迷っている時間も楽しいひととき、というプラス思考

無駄な時間を浪費している、というマイナス思考

本屋に行くと、いつも頭のなかで葛藤します。

 

読書が好きになるということは

これはこれで大変ですね…(>_<)

 

<おわりに!>

長々と読書について書かせていただきましたが

結論としては、さまざまな苦労はあるものの

読書は楽しい!ということです。

一緒に本を読む子供たちのイラスト

コロナの自粛や3密防止によって

以前のようにコミュニケーションをとれない状況で、

読書もとい本はいつでも手軽に新しい知識を学べる

最良の手段・ツールと言っても過言ではありません。

 

コロナが一旦「収束」し、完全に「終息」するには

もう少し時間がかかります。

 

それまでに、みなさんもこれを機に

読書を始めてみてはいかがでしょうか?

 

きっと、今まで知らなかった知識や経験に出会い

素晴らしい時間を過ごすことができるでしょう(^O^)/

 

長くなりましたが

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

次回もよろしくお願いします!

 

それでは、ごきげんよう

 

  抹茶のり