抹茶のりブログ

ポジティブライダーのたのしいこと探しの雑記ブログ

コロナ禍で鼻風邪をひいて大変なこととは?

みなさん、こんにちは!

抹茶のりです!

 

暫くブログの更新が出来ず

申し訳ございませんでした!(>_<)

 

前回の記事で記載しました様に

鼻風邪をひいてしまい、暫く休養していました。

 

ようやくブログが書ける程度には

回復してきましたので、簡単にですが

休養中に感じたことなどを紹介します。

 

スマホからの投稿なので

文章のバランス等、読みづらい点が

多々ありますが、ご了承下さいm(_ _)m

 

もともとボク自身、鼻喉が敏感な方で

年に数回は今回同様に鼻風邪をひいています

 

以前なら行きつけの耳鼻科に診療し

薬を処方して貰うのですが、昨今のコロナ禍では

今までの様に安易に行くことが出来ません。

 

TVやネット情報でコロナの症状を確認すると

「もしかして自分もコロナに罹ってるのでは?」

という不安点があったからです。

 

味覚障害はありませんでしたが

喉の痛みや発熱の温度•期間がだいたい合致しており

「まずはPCR検査を受けなければならないのでは?」

と、頭をよぎりました。

 

頻繁にTVや新聞などで検査のことを紹介されていますが

いざ自分が受けようとすると、

「どこの病院でやっているのか?」

「費用はいくらなのか?」

「保険は適用されるのか?」

と、具体的な情報を全く理解していませんでした。

 

調べてみると、

自宅の近くにある病院で検査をしていますが

検査費用が高いということもあり、

「もしかしたらコロナではなく、鼻風邪では?」

と考え、診療を控えました。

 

検査を受けずに数日自宅で療養すると

幸いにコロナの症状は見られず、やはり鼻風邪で

徐々に体調が良くなってきました。

 

療養している間は

鼻や喉の荒れ、発熱等の症状だけでなく、

「コロナに罹っているのでは?」

「もしかして家族に移してるのでは?」

という精神的不安が1番辛かったです。

 

日々、手洗いうがい(+鼻うがい)を

徹底していても体調を崩してしまったことに

自分自身でもショックでした。

 

「人間が自然界を完全に

 コントロールすることは出来ない!」

という事を改めて痛感しました(>_<)

 

そして、

常日頃自分なりに感染対策を徹底しても

「決して慢心してはいけない!」

という事も身に染みて分かりました。

 

今週は大寒波や緊急事態宣言など

大きな変化があり、それにカラダが

対応しきれていない方々が

ボクを含めて沢山おられると思います。

 

これから一層厳しさを増す状況ですが

「自分だけは大丈夫!」ではなく

「明日は我が身!」という認識で

注意を怠らないでください。

 

以上、拙い記事となりましたが

この記事が少しでもみなさんの参考になれば幸いです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

みなさんもどうかご自愛ください!

 

  抹茶のり