抹茶のりブログ

ポジティブライダーのたのしいこと探しの雑記ブログ

「コアコンピタンス」の意味を分からず、知ったかぶりをすると…

みなさん、こんばんは!

抹茶のりです!

 

さて、みなさんは

コアコンピタンスという意味をご存じですか?

 

最近CMでよく聞くアレです。

指原莉乃さんがぽか~んと受け流してしまうアレ。

 

混乱する人のイラスト(男性)

ここまで混乱するほどではありませんが

みなさんもこんな状態になったのでは?

 

といっても、今回はこの言葉についてではなく

指原さんのような状態になるとどうなるのか?を

簡単に紹介していきます。

 

 

<そもそもどういう意味?>

経済学や一部のビジネスに関わらなければ

一度も聞くことがないであろう専門用語です。

 

コアコンピタンス(Core competence)

意味:競合他社が真似できない・寄せ付けない程の

   圧倒的に上回る能力・力量・価値のこと

 

一例ですが、漫画カイジでよく出てくる

「圧倒的○○」コアコンピタンス

近い使われ方をしていますね。

 

いざ、勉強やビジネスシーンでいきなりこんな言葉が

出てきたら、どんな意味なのか見当がつきません。

 

Coreは「核」というのは推測できますが

competenceは学生時代に一度も出てきてません。

 

そりゃ、指原さんがぽか~んとして

なんとなく分かった気になり、知ったかぶりしますよね。

 

 

ところが、

このように分からないまま受け流していると

ある問題が発生するのです…。

 

<知ったかぶりはダメ!>

自分の知らない言葉を知ったかぶりのまま

放置するとどうなるのか?

 

「思考停止」します。

 

読んで字のごとく、考えるのをやめることです。

 

そうなってしまうと、ただただ頷いたり

周りに同調したり、消極的になったりします。

 

それが自分だけの問題だけでなく

組織や会社などに大きく影響を及ぼすことも…。

 

専門用語の意味を正確に理解せずに

スルーしてしまい、業務上の欠陥を発見できず

最悪の場合、問題や事故が発生します。

 

それを防ぐ為には、あのCMでも描かれていた様に

恥を忍んででも、その場で意味を調べて理解すること。

または、勇気を持って質問し、要約してもらうこと

 

「そんなことも知らないのか!」と

バカにされたり、注意されたりするかもしれません。

 

ですが、思考停止という最悪のパターンに陥り

悪い方向に流れてしまっては元も子もありません。

事前にミスや事故を防ぐのも仕事のひとつです。

 

と、少々偉そうに書かせていただきましたが

実はこのような人間の思考や心理、クセなどが

こちらの本に詳細に解説されています。

 

考え方の基本がゼロからわかる!

ロジカルシンキング見るだけノート」

(北村良子監修 宝島社刊)

考え方の基本がゼロからわかる! ロジカルシンキング見るだけノート

 

監修された北村良子さんは過去の作品で

論理的思考、つまりロジカルシンキングについての

著書を執筆されており、本書はタイトルどおり

イラストを用いて、視覚的に理解しやすくなっています。

 

今回紹介したコアコンピタンスも実は

本書にも取り上げられ、ホントにCMそのままの

光景が描かれていて、ビックリしました!

 

それだけ、現代社会において専門用語

とりわけ長々しい横文字が溢れ出して

指原さんだけでなく、実社会でも同様に

知ったかぶる人が増えていることを示唆しています。

 

かくいうボク自身も次から次に出てくる

横文字にはとても苦労しています。

 

ホントにこの言葉を日常的に使っているのか?と

懐疑的になってしまうほどに…。

 

その度に本やネットなどで調べていますが

そのおかげで、思考停止に陥らずに済んでいます(=_=)

 

社会に出ると、分からない・知らない言葉を

誰かが優しく丁寧に教えてくれることは

限りなく少ないです。

 

結局、自分自身で放置せず興味を持って

知識や経験に変換していくしかありません。

(なかなか大変ではありますが (;´Д`) )

 

<おわりに!>

 今回はCMで気になることについて

まとめましたが、日々生活していると

聞き覚えの無い言葉がどんどん出てきます。

 

その時に知ったかぶるのか、自発的に調べるのかで

結果や未来が変わっていくので

ボクを含め、みなさんも臆さず行動していきましょう!

 

長くなりましたが

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

次回もよろしくお願いします!

 

          抹茶のり