抹茶のりブログ

ポジティブライダーのたのしいこと探しの雑記ブログ

本好きの葛藤!本を買うときに帯は必要か?

みなさん、こんばんは!

抹茶のりです!

 

突然ですが、みなさんは

ビジネス書や漫画などの本を購入する時、

本の帯をチェックしますか?

いろいろな本・冊子のイラスト

数十年前は帯付きはホントに数える程度でしたが

ここ数年で新刊発売時には必ず付いており

反対についていないモノを探すのが難しいほどです。

 

そこで、今回は

本の帯は必要なのかどうか?

というテーマで進めていきます。

 

 

<帯の役割!>

そもそも本の帯の役割とはなにか?

 

簡単にまとめてみますと

 

  • 出版社の広告宣伝
  • 簡単な内容紹介
  • 著名人の推薦メッセージ紹介

 

いわゆる商品PRとなります。

 

有名な作家や作品を除き、事前情報が少ない本にとって

内容や表紙だけで購入者=読者

手に取ってもらうことは中々難しいものです。

 

ましてや、立ち読みや試し読みが出来ない本では

尚更読者の購買欲や好奇心を掴むのは困難です。

 

それを解決するのが本の帯なのです!

 

表紙の面積約3~4分の1程の限られたスペースで

前述の広告、内容紹介、著名人の推薦などが

時にはシンプル、時にはみっちりと掲載されています。

ビブリオバトルのイラスト

まさしく、このイラストの様に

帯が本を紹介してくれているのですヾ(≧▽≦)ノ

 

<帯が好きすぎて…>

本における帯の重要性を簡単に説明しましたが

ここで個人に悩むことがあります…

 

それは、本を買う時の基準として

帯が有るか無いかで判断してしまうことです。

 

前述の通り、帯とは本の魅力が詰め込まれたもの。

 

いわば、本の一部とも言えます。

 

それが無い、というのがとても気になるのです!

 

人によっては帯のことに目もくれず

読んでいくうちにシワシワになったり、

端が折れたり破れたり、終いには捨てられたり…

ボロボロの本のキャラクター

帯好きとしては嘆かわしい状態と

なってしまうのです…(>_<)

 

また、本を購入する時に

今まで帯が付いていたのが無くなったり

初版時の帯ではなく、重版時の帯に

変わっているのを見かけたりすると、

帯が付いていて、尚且つ初版のモノを

わざわざ探してしまうことが多々あります。

 

本の中身は変わらないのに

たかが帯の為に時間をかけてあちこち探し回る…

 

時間を浪費しているのでは、と

時々、自分自身でも葛藤しています(;´Д`)

疲れている子供のイラスト(男の子)

 

<それでも帯が好き!>

と、少々ネガティブな事を書きましたが

そのこだわりや苦労を経て手に入れた帯には

とても愛着が湧きます!

 

購入してから数年後に、再び読み返すときに

帯を見ると、販売当時の様子(時代背景)などが

描かれているので、懐かしさが込み上げます。

アルバムを見ている老夫婦のイラスト

時間が経てば経つほど、イラストのように

まるでアルバムを見ているかのような

気分に浸ってしまいます(~_~)

 

たかが帯、されど帯。

 

本好きにとっては

かけがえのない存在です!

 

今回は少々マニアックな内容となりましたが

この記事が本好きの方々にとって

共感して貰える記事となれば、嬉しい限りです。

 

長くなりましたが

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

次回もよろしくお願いします!

 

          抹茶のり