抹茶のりブログ

ポジティブライダーのたのしいこと探しの雑記ブログ

冬のバイクグローブ防寒対策:張るカイロで検証

みなさん、こんにちは!

抹茶のりです!

 

みなさんは冬のバイク運転で手袋やグローブが

どれだけ冷たく、つらいものかご存じでしょうか?

あれだけつらいものはそうそうありません(>_<)

 

今回はどうすれば冬の運転が改善されるのかを

「貼るカイロ」を用いて検証してみました。

使い捨てカイロのイラスト

カイロって使えるの?効果あるの?と疑問の方、

その疑問を解決すべく、検証してきましたので

カンタンにですが、紹介していきます。

 

 <冬バイクのつらさ!>

運転経験のある方ならご存じでしょうが、

 

想像を絶するほど、ガチガチに冷えます!

 

その寒さ・冷たさは水仕事や冬山での活動に匹敵します。

何といっても、バイクは速度を上げれば上げるほど

走行風の影響で冷えていきます。

 

一般的に、時速60~80kmで走行した場合

体感温度外気温のマイナス15℃前後になると言われます。

もちろん、その日の天候やバイク運転時の装備によって

温度の変化は生じますが、寒いのには変わりありません。

 

手が冷えることで一番のネックが

運転に支障をきたす、ということです。

車の場合は、基本車内の運転で、かつ煖房が効くので

比較的快適な状態で運転に集中することができます。

 

しかし、バイクの場合は

  • 体がむき出し状態となる
  • 自立しないバイクを操縦する
  • 走行中に走行風を受ける

一例ですが、車よりも緊張感が必要となります。

その状態で体が冷える、そして手先が冷えることは

運転に集中できない要因となってしまいます。

 

そこで、今回はその対策に貼るカイロが有効なのか、という

以前から抱いていた疑問を検証することにしました。

 

<いざ検証!>

今回検証に用いたのは

つま先の上から貼るタイプのカイロを用いました。

形状が薄くて、グローブ内に入れやすいので

通常の長方形タイプではなく、こちらのタイプを選びました。

f:id:maccyanori:20201210115859j:image

と、気付いている方も多いと思われますが

カイロの説明書には

肌に直接貼って使用してはならない

という内容が必ず記載されています。

長時間触れると低温やけどの危険があるためです。

(今回の検証はその危険性を理解した上で行いました)

 

グローブの内側に貼り付けます。

内側のイメージとして、このあたりに張り付けています。

f:id:maccyanori:20201210115925j:image

ちなみに普段使用している冬用グローブは

品質や操作性がしっかりしており、

価格も約1万2千円と比較的高価で、2~3年愛用しています。

f:id:maccyanori:20201210115934j:image

ですが、それでも真冬の寒さには残念ながら敵いません(>_<)

 

果たして、貼るカイロは効果あるのか

実際に走ってきました。

 

走行したときの条件は以下の通りです。

 

天候:晴時々曇り

気温:7~10℃

:特に無し(走行風は除く)

運転時間:約6時間(1時間ごとに休憩有)

 ※カイロは8時間持続のタイプです

 

京都~滋賀の湖北を検証で走ってきました。

道中は山を越えるので、ワインディングが多く

木々に囲まれた自然あふれる道であり、

市内よりも気温は低く、天候が安定していませんでした。

路面が濡れていた箇所もあり、一時的に雨が

降っていたことが分かります。

 

カイロを開封した直後はすぐには温まらず

いつも通りの手が冷たい状態の運転となりました。

それから暫くすると、カイロがだんだん温まってきて

グローブ内も徐々に暖かくなりました。

 

グローブに貼っているカイロの場所が

ちょうど手首のあたりに位置し、血行が促進された為か

普段よりも寒さが和らいでいました。

 

しかし、肝心の手先、つまり指先の方に関しては

カイロの温かさが伝わりきらず、

普段の状態と変わり無く、寒い状態でした。

 

それでも手全体が冷えない為、普段よりも

寒くてつらい、という状況までには至りませんでした。

 

ですが、一日運転を終えて、グローブを外すと

カイロに触れていた部分は多少熱がこもったような

感触があり、低温やけどには至りませんでしたが

その一つ前の状態になっていたと思われます。

(翌日手を確認しましたが、幸い異常はありませんでした)

 

やはり、カイロの説明書に書かれている通り

カイロを長時間、肌に触れさせてはいけません!

使用時には衣類などの上に貼って使用してください。

 

ちなみに、本来の目的通りに

靴下の上に貼ると、つま先の寒さは解消されますので

足の防寒対策としては問題ありません(^_^)

 

<まとめ!>

 今回の検証のまとめとしては

  • グローブの防寒対策としては効果は薄い
  • 低温やけどのリスクを負ってまで使用する意味はない

ということが分かりました。

 

本格的に防寒対策をするとしたら

  • バイク用のアームカバーを付ける
  • 電熱グローブを使用する
  • 冬は短時間だけ運転する・極力運転しない

などの別の対策を行う方が良いでしょう。

 

アームカバーは暖かいけど外観がチョット…

電熱グローブは価格が高すぎる…、という懸念事項も

あるかと思いますが、ご自身の都合に合う方法で

対策を講じてみてください。

 

最後となりますが

低温やけどや運転の支障にきたす

恐れがありますので、今回検証した内容は

決して真似をしないでください!

「ダメ」のポーズをする人のイラスト(男性)

 

今回の検証はそれらの危険性を十分理解し

あくまでも注意喚起という目的で行いましたので

もし真似をしても、責任を負いかねますのでご了承ください。

 

長くなりましたが

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

次回もよろしくお願いします!

 

          抹茶のり