抹茶のりブログ

ポジティブライダーのたのしいこと探しの雑記ブログ

旅の神様に安全祈願! 粟田神社へ行く!2021年京都十六社朱印めぐり(6か所目)

みなさん、ごきげんよう

抹茶のりです‼

 

ようやく暖かい晴れ間が戻り、

3日ぶりに日の光を浴びることができました!

 晴れ男のイラスト(天気)

 

自粛期間ではありますが、こういうときこそ

外の空気に触れ、心身ともにリフレッシュが大事ですね!

 

そんな晴れやかな気分で外出するのに

ピッタリなご利益がある神社を

今回も京都十六社朱印めぐりを通じて紹介します。

 

6か所目となる神社は

旅行守護のご利益がある粟田神社です。

 旅行に行く家族のイラスト

 

「なぜ粟田神社が旅行守護なのか?」

という理由をカンタンに紹介していきますので

興味のある方は是非読んでみてください!

 

粟田神社へ行く!>

まず粟田神社への行き方について、

こちらは市バスと地下鉄の2通りがあります。

 

市バスは「神宮道」から徒歩5分

地下鉄は東山駅または蹴上駅から徒歩7分

 

三条通に面しているので、

車や地下鉄などのアクセスは容易で

歩道も広々としており、比較的散策しやすいです。

 

体力に自信のある方は、京都の繁華街である

四条河原町から歩いていくことも可能です。

(途中、坂になる道を30分以上歩きますが…)

 

<いざ参拝!>

それでは、いざ参拝へ!

f:id:maccyanori:20210125234442j:image
f:id:maccyanori:20210125234447j:image

道路に面した鳥居をくぐると、

石畳のかたわらに民家が並んだ小道に入ります。

 

小道を抜けると、

粟田神社へ続く鳥居と石階段が見えてきます。

f:id:maccyanori:20210125234511j:image

下から眺めるとなかなかの傾斜で

「この上を登っていくのか?」

初めて来られる方は少しビックリします!(>_<)

 

石階段を登っていくと、

御神馬(ごしんめ)とよばれる
旅の安全を願う神様の像が迎えられています。

f:id:maccyanori:20210125234554j:image
f:id:maccyanori:20210125234551j:image

本物の馬と同じぐらいの大きさで

圧倒的な存在感と威厳が感じられます。

 

その先を進むと粟田神社に到着です!

f:id:maccyanori:20210125234857j:image

f:id:maccyanori:20210125234730j:image
f:id:maccyanori:20210125234733j:image

坂の頂上なので、周囲の喧騒から解放され

木々のせせらぎや綺麗な青空、

そして街を見渡せる景色を堪能することができます。

f:id:maccyanori:20210125234708j:image

平安神宮の大きな鳥居もここから見られます!

 

現在、コロナ対策が随所に行われており

手水舎のところには、柄杓ではなく

なんとヒルがプカプカ泳いでいます! Σ(゚Д゚) 

f:id:maccyanori:20210125234807j:image
f:id:maccyanori:20210125234804j:image

柄杓が無くて寂しいというお声があり、

それを補うためにたくさんのアヒルが寄与されたそうです(^^)

f:id:maccyanori:20210125234824j:image

氏子の方や参拝者の善意をこのようなカタチで見られると

「世の中捨てたものではないな!」

なんだか嬉しい気分になれます。

 

粟田神社をカンタンに説明すると

平安時代藤原興世(ふじわらのおきよ)という人物が

現在の八坂神社で7日7晩、国家と民の安全を祈願し

後に神様からの信託に従って創建されたことが

由来だと伝えられています。

 

粟田神社が建てられた粟田口という場所は

当時の京都の東の出入口であり、

旅立ち守護(旅行安全)、厄除けの神様として

街道を行き交う人々の信仰を集め、

旅の神様をまつる神社となりました。

 

この粟田神社から東に向かうと

滋賀県の大津に抜けていくので、

今も昔も交通の要所だったことが伺えます。

 

旅行安全、厄除け以外にも

病魔退散、安産祈願、縁結びなどのご利益もあります。

 

今年1年の無病息災だけでなく、

残り10か所を無事にめぐれるように

旅行安全の想いも込めて祈願しました!

 

そして社務所に寄り、朱印をいただきました。

f:id:maccyanori:20210125234248j:image

残り10か所!

 

今回は登り道で少々疲れましたが

爽快感と達成感を味わうことができました(^o^)/

 

<おわりに!>

 コロナの自粛で外出や旅行などが

なかなか表立って出来ない状況です。

 

けれど、昔の人々もそのような苦難にめげず

新しい土地を旅したり、開拓したりしたおかげで

今日の私たちの生活の基盤が成り立ちました。

 

人々の原動力やご加護となったのが

今回紹介した粟田神社をはじめとする

日本各地の寺社仏閣だったのではないでしょうか。

 

1日でも早くコロナが終息し、

再び旅行が出来る日が戻ることを祈願して

無事に残りの朱印めぐりを達成させます!(^o^)/

 

長くなりましたが

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

次回もよろしくお願いします!

 

それでは、ごきげんよう

 

  抹茶のり