抹茶のりブログ

ポジティブライダーのたのしいこと探しの雑記ブログ

13歳からのアート思考 感想 まとめ その②

みなさん、こんばんわ!

抹茶のりです!

 

みなさん、芸術の秋を楽しんでますか?

季節が変わると美術館も催しが変わるので

なんだか行ってみたくなりませんか?

 

実は芸術を楽しむことで

 

 幸せや成功をつかむことができる

 「自分だけのものの見方・考え方」を持てます

 

その理由は前回に引き続き 

こちらの本にて紹介されています。

 

「自分だけの答え」が見つかる 13歳からのアート思考

 (末永幸歩著 2020年 2月19日発行 ダイヤモンド社

 

 [末永 幸歩]の「自分だけの答え」が見つかる 13歳からのアート思考

 

今回は序章を紹介します。

序章ではありますが、すぐに引き込まれます!

そしてアートの必要性が分かるようになります!

 

と、偉そうに書きましたがぼく自身も

この本を読むまでは、正直アートは娯楽・教養という

認識を持っていて、そこまで重要と思っていませんでした。

別にアートは嫌いではなく、むしろ好きなほうですが

美術館や個展には気が向いたら行く程度です。

趣味や仕事でアートに関わっていなければ

大半の人はぼくと同じ考えではないでしょうか?

 

ですが…

こうも言っていられない状況になっているのです!

 

ここ数年で社会が劇的に変化して

世界がいわゆる「VUCAワールド」になったのです。

  • V:Volatility 変動
  • U:Uncertainty 不確実
  • C:Complexity 複雑
  • A:Ambiguity 曖昧

 

単語を見てるだけでも世界がややこしいことに

なっていると分かっていただけましたか?

 

これに加え、現在コロナウイルスが流行し

さらにややこしくなっている状態なのです。

絶えず変化していく世界に今までのように

「これだ!」と言える正解はありません。

自分で探さなければならないのです。

 

こうした世界でこれから生きていくには

アートを通して「自分なりの答え」”つくる”能力を育む

必要があると仰っています。

 

そもそもこの本の作者、末永幸歩氏は

国公立の中学・高校の美術科の教師です。

実際の教育の現場で、美術が人気の低い教科で

そのことに危機感を感じ、出版されました。

子供だけではなく大人にも

アートの重要性を分かってもらいたい

という想いでこの本を書かれています。

 

アートを知る、学ぶ、楽しむことで

アーティストの考え=アート思考を得られます。

そのアート思考を以下のように解釈されています。

 

  1. 「自分だけのものの見方」で世界を見つめ
  2. 「自分なりの答え」を生み出し
  3.  それによって「新たな問い」を生み出す

 

こうしてみると、アーティストはただ単に

有名になりたい、お金儲けをしたいと

考えているわけではなく

一歩先の未来を見据えてアートとして表現していた

と考えられないでしょうか?

 

コロナの影響で新しい生活様式となり

周りの状況に合わせていつも通りに

仕事や生活をすることは出来なくなりました。

何が正解で、何をすれば幸せになれるのかは

誰にも分からず、自分で探さなければなりません。

 

その時の原動力や道しるべになるのが

このアート思考であり、新しい世界で

新しい自分になり、新しい答えを出すことが

できる思考力と言えるのではないでしょうか?

 

いかがでしょうか?

まだ序章ですが、アート思考に興味を

持っていただけましたか?

以降の章には「課題」を用いて

アートに関わるさまざまな疑問について

解説されていますので、一緒にアート思考を

身に付けていきましょう!

 

長くなりましたが

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

次回もよろしくお願いします!

 

          抹茶のり