抹茶のりブログ

ポジティブライダーのたのしいこと探しの雑記ブログ

13歳からのアート思考 感想 まとめ その①

みなさん、こんばんわ!

抹茶のりです!

 

前回はスポーツの秋らしく

ランニングのことを書きました。

ですが、秋はスポーツだけでなく

食欲の秋、芸術の秋とも言いますよね。

 

今回は芸術の秋に関して

これからの日常生活や社会に役に立つ力

思考力 = アート思考 を磨くことが出来る

新感覚のアート参考書の決定版 と言える本を紹介します。

 

その本がこちらです!

 

「自分だけの答え」が見つかる 13歳からのアート思考

 (末永幸歩著 2020年 2月19日発行 ダイヤモンド社

 

 [末永 幸歩]の「自分だけの答え」が見つかる 13歳からのアート思考

 

  • どのように芸術を鑑賞するのか?
  • 芸術って必要なのか?
  • 内容が難しく、学生時代に挫折した 等々…

 

このように芸術に抵抗を持っている人は

多いのではないでしょうか?

 

ぼく自身、小学生の「図工」の時間は好きでした。

難しいことを考えず、のびのび絵を描いて

いろいろなモノを作って、楽しい時間でした。

 

しかし、中学生以降は「美術」に変わり

単に描いたり作ったりしなくなりました。

おまけに試験もあるので、それで離れてしまう

原因になったのではないでしょうか?

 

ところが、今回紹介する本には

これらの悩みを解決し、新しい視点で

アートを楽しむ方法が解説されています。

 

  • 学生時代にこの本があれば良かったのに!
  • 経験、知識が無くてもこうやって観てもいいんだ!
  • もしかして作者ってこう考えていたのかも! 等々…

 

この本を読むと、アートを観たい!という

興味がどんどん湧いてきます。

 

本書では文章による解説だけではなく

 各章ごとに設けられている「課題」と

実在するアート作品を交えて

アート思考を習得することが出来ます。

 

作品が生まれた時代背景、作者の想い

私たち現代人に欠けているアート思考等を

興味を持って考えるようになります。

 

アート思考は芸術分野に限らず

勉強、仕事、趣味、日常生活…

様々な場面で役に立ち

まるで新しい世界を開くかのような力を

与えてくれます。

 

具体的にどのような内容で

アート思考を学べるのかは

次回紹介させていただきます。

 

長くなりましたが

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

次回もよろしくお願いします!

 

          抹茶のり