抹茶のりブログ

ポジティブライダーのたのしいこと探しの雑記ブログ

読書の全技術 感想<その⑥>

みなさん、こんにちは!抹茶のりです!

 

本日8月31日で8月最終日となります。

僕が学生時代の頃は夏休み最終日で残った宿題を

片づけたり、明日から授業で少々憂鬱になったり…

今となっては学生時代が懐かしく感じられます。

 

宿題には読書感想文もあり、その頃は読書が面白いとは

思えなかったのに、今では読書メインになっているとは

昔の僕には想像つかなかったことでしょう(;^ω^)

 

それでは、本日も齋藤孝教授の

”大人のための読書の全技術”の第5章を紹介します。

この第5章の次は終章となっていますが

終章には齋藤教授お薦めの本の紹介がメインであり

実質、第5章がこの本のまとめとなっています。

 

 

第5章 読書を武器にする アウトプットの全技術

< アウトプット=コミュニケーション>

読書には2つの方法があり

①楽しむ為の読書ー娯楽として、読んでいる時間を楽しむ為の読書

②アウトプットを意識した読書ー何らかの武器を得る為の読書

 

この章では②のアウトプットについてまとめられています。

 

まず、アウトプットを行う上で必要となるのは

”アウトプット力” であり、それは表現する力のことであり

すなわち ”コミュニケーション力” とほぼ同じとのことです。

 

そのアウトプット力を習得するには

本に触れながら話す習慣をつけていくこと。

 

例えば、会話中に相手に不快感を与えない程度に

感銘を受けた内容、言葉、文章を織り交ぜること。

そうすることで、コミュニケーション力が上がって

人間関係が良くなり、仕事の内容や進行が

良い方向へスムーズに流れていきます。

 

また読書によって文章構成力が向上し

仕事で必要となる ”コメント力” が高まっていきます。

話題を掘り下げる質問を使えば、会話が弾み

いわば ”質問力” と言える力を高められる効用が

読書にはあります。

 

印象に受けた本の内容や言葉を自分のノートや

手帳、日記に書き写す等、手を動かして書くことが

アウトプットと思っていましたが

人と人とのコミュニケーションで実践することでも

アウトプット力が高まる、というのは盲点でした。

ひとりで黙々とするのではなく、他者と交流することでも

読書で得た知識、思考力が養えることが分かります。

 

<雑談と会話の効用>

前述のコミュニケーション力に関連して

雑談による効能も紹介されております。

 

雑談は ”人間同士のお付き合い” に近い

コミュニケーションの手段であり

読書で知性的な言葉遣いや話題が増え

雑談力が高まります。

また読書の際、著者が作品に込めた

渾身の力と呼べるような想いを

感じるようにすれば知性が高められます。

 

優れたアイデアを提案出来るのは

論理的に考えられ、自分の直感を言葉に出来る人

しっかりした言語能力を身に付けた人であり

アウトプット力はもちろんのこと

インプット力も優れている人のことを表します。

その為には物事を追求することが大切であり

第一歩として読書が薦められます。

 

”現実を変えていく会話術” と ”発想力” の2つを

持ったコミュニケーション力=アウトプット力を

習得するには常に読書し、自分のいる世界の外側を

知る努力を続けることが大事だと述べられています。

 

読書で知ることが出来る現在や過去等の外の世界

コミュニケーションで得られる外の世界

この2つの外の世界を知ることが

これからの人生にとって必要不可欠であることが

よく分かります。

 

<新しい概念>

こうした読書やコミュニケーションによって

外部から新しい知識、知恵を得ることができ

自ずとレベルの高いものを取り入れる姿勢となり

それを続けることで ”刷新力” が身に付きます。

 

刷新力によって様々なジャンルや領域の読書を行い

知性のネットワークと呼べる得る、全体を見る目が

広がって ”未来予測力” が磨けられます。

 

読書は新しい概念を仕上げることが出来て

概念は活用域が広く、様々な場面で活用できます。

新しい概念に出会えば、仕入れて使ってみましょう。

新しい言葉を自分の頭の中で一度整理して

概念として使えるようにすることで

現実社会で役立つ武器となります。

 

読書で得られたことを役立つ情報・知識と

簡単なもので一括りにせずに

概念という言葉では簡単に説明出来ない

スケールの大きいものとして

読書を終えても追求し続ける意識・姿勢が

必要であると考えられます。

 

<読書と経験値>

 ”話す読書” と ”書く読書” は別物で

本を読んだら要約し、メモを取ることで

書き言葉で思考することが出来、話せるようになる。

書き言葉で語彙力が増えれば、文章力が鍛えられる。

その為にはやはり読書が必要となります。

 

チーム・組織を率いるリーダーには

極めて高度な経験値が必要で、それは言葉に表れる。

その為、経験に裏打ちされた言葉と

自分の頭で考えた言葉が大切となります。

読書によって経験と言葉を結び付けて

本をはじめとする言葉や文書の読み方を

身に付けるべきと述べられています。

 

孤独な作業・時間となる読書で偉大な著者や言葉を

結びつけて、経験値を飛躍的に高めていく。

それを文脈に活かすことで ”文脈力” となり

人とコミュニケーションする際の大きな武器となります。

 

<まとめ>

この章では読書によって

アウトプット力、コミュニケーション力、コメント力

質問力、雑談力、刷新力、未来予測力、文脈力等

様々な力 が得られることを説明されています。

 

読書で得たものを蓄積させるだけではなく

これらの力を用いて目の前の現実世界だけではなく

これからの将来や未来に向けて積極的に活用することが

今の時代にとって必要であると感じます。

 

情報過多になっている現代でネットで流れる

不確かな情報を鵜呑みにせず、まずは読書をきっかけに

何が正しくて、何が必要かを考え、選んでいく力を

身に付けることがこの複雑な時代・社会に生きる

私たち現代人共通の課題ではないかと思われます。

 

齋藤教授の著書を初めて読みましたが

書経験の浅い方々でも内容が分かり易く

実践し易いことがたくさん掲載されています。

この本を皮切りに他の著書にも挑戦しようと思います。

 

 

これからも読書感想というアウトプットを行い

みなさんに情報を共有していければ、と思います。

長くなりましたが、ここまで読んでいただき

ありがとうございました。

 

          抹茶のり