抹茶のりブログ

ポジティブライダーのたのしいこと探しの雑記ブログ

読書の全技術 感想<その④>

みなさん、こんにちは!抹茶のりです!

 

本日8月27日は”「男はつらいよ」の日”です。

1969年(昭和44年)、山田洋二監督、渥美清主演の映画

男はつらいよ」シリーズの第1作が公開された日でした。

その後、特別編含め第48作という国民的映画となりました。

 

最近ではシリーズものの映画が少なくなりましたが

男はつらいよ」のような映画が生まれるといいですね。

 

本日も齋藤孝教授の

”大人のための読書の全技術”の第3章を

紹介させていただきます。

 第3章 読書の質を上げる 精読の全技術

 

 

<音読する>

前回は”量”についてですが、今回はその反対となる”質”を

高める為の読書の技術がテーマとなっています。

質を高める方法として、音読を挙げられています。

 

音読は精読には欠かせない技術であり

文章の切り方、イントネーション、意味の取り方等が分かる。

声に出すことで心と体に感覚として残り、覚える。

 

その際、古文や漢文の原文を音読することにより

それらが持ち備えている歴史や言霊といった

特有の良さを感じることが出来ます。

 

印刷技術や情報技術が発達していない頃は

全文暗記、暗唱、書写等で語り継いでいた。

当然頭や体を行使することによって、知識が付くのですが

技術が発達する反面、私達の頭に知識として

入り難いことを危惧しています。

 

音読する際には全文ではなく、音読したい部分を見つけ

隙間時間に音読、暗唱することを薦められています。

そうすると、作者をはじめとする当時の人々の思いや

気概を感じ取り、自分の視野が広がる、と述べています。

 

音読は時間がかかる、全部は出来ない、と

上手く取り掛かれない方々に

・出来るだけ速く正確に読む「速音読」

・クライマックス部分だけを読む「クライマックス読み」

の2種類を使い、音読の楽しみを知ってもらいたいと

熱く語られています。

 

僕自身、読書→ブログ作成、音読をしているお陰で

知識として少しづつ入ってきていると実感しますが

ただ読んでいるだけでは、自分自身に還ってこないことが

今になってよく分かります。

 

<3色ボールペン方式>

この方式は気になる箇所にチェックを入れる際に

3色ボールペンを用いて、一例として

 

赤:一番大事な部分(客観的に最重要)

青:まあまあ大事(客観的に重要)

緑:おもしろい(主観的に大事な部分)

 

というように使い分ける方式です。

配色や選別基準は自身の自由で、自分流のやり方を見つけ

あまりこだわらずにどんどん読み進めて

真っ白な本を自分色に染めていくことです。

キーワードだけでなく、引用したい文章を探す意識を

持つことでより速読力が鍛え上げられていきます。

 

齋藤教授以外の方々も読書の時は

本に直接書き込んで、自分仕様にすることを

推奨されています。

僕も最初はためらいましたが、書き込んでいくと

愛着が芽生えてきて、一冊読み上げた時には

ただの本ではなく宝物のように感じられます。

 

<引用の効果>

教養というのは引用力そのもの

引用出来ない人は教養が無い、と述べられる程

重要なものと述べられています。

一言一句同じでなくても、大体合っている程度で

何よりも引用することが名作に深く関わり

読書の意味があったことを表すものとなります。

 

読んだ本の内容を話す際に引用を交えて

話すことを心掛ていれば、引用力が飛躍的に上がり

知識だけでなく、人生が豊かになる効果をもたらします。

 

読書の内容をアウトプットするのも大事ですが

プラスして”引用”を意識するだけでも

より質の高い読書になるのだと、感心しました。

 

<まとめ>

この章の最後に、書き写すという作業は精読の神髄で

書き写すことで知識が蓄積され

読書のスピードも速くなると仰っています。

 

ただ読むだけでなく、声に出す、書き込む

引用する、書き写すことで自分の血肉となり

読書の質が高まることをこの章を読むことで

理解することが出来ました。

 

次回は第4章を紹介していきますので

よろしくお願いします。

 

          抹茶のり