抹茶のりブログ

ポジティブライダーのたのしいこと探しの雑記ブログ

読書の全技術 感想<その③>

みなさん、こんにちは!抹茶のりです。

 

本日8月26日はユースホステルの日です。

1909年ドイツ小学校教師シルマンが

子供たちの遠足時に大雨に遭い、とある小学校で雨宿りし

一晩過ごした経験を活かして、若者たちが経済的な旅を

しやすいようにユースホステルを創設しました。

 

現在コロナの影響で休館しているところが増えていますが

コロナが終息し、再び安全に旅行が出来る日が

来ることを待ち望んでいます。

 

本日も昨日に続き、斎藤孝教授の

”大人のための読書の全技術”の第2章を紹介していきます。

 

 

第2章 読書の量を増やす 速読の全技術

 <量と質>

量より質、とよく使われる言葉ですが

この本を読むまで、1冊をゆっくりじっくり

読むものが普通だと考えていました。

 

しかし、齋藤教授によると

読書量を増やすには速読と精読を使い分けることが重要で

量を重ねることで質的な変化を起こす

”量質転化”が生まれるとのことです。

 

量を重ねることで知識が増え、本は知識で読み

IQで読むものではないと述べられています。

 

量を読むにあたって、まずは読みたい分野の本を

何冊か集中して読み、それが6~7冊あたりになると

知識が効率的に蓄積されて、8割以上のことが

理解出来ている状態になります。

 

何事においても、まずは量ということです。

量を増やしてもどうやって読めばいいのか、と

悩む方もおられますが、その方法が次となります。

 

<量を増やすためには>

量を増やす読書の方法として

まず、目を速く動かしていき、全体の中で

必要な部分をピックアップして集中的に読む

という方法が挙げられています。

 

次に、本を読む目的の設定、読了する時間的締切の設定の

2つを設定することです。

 

本を読む目的の例に、他の誰かに読んだ本の内容を説明する

と設定することで、内容の理解と整理が必要となり

併せて〇〇時間内に読む、〇〇日までに読む

と締切を設定すれば、通常よりも集中して読み

速読に繋がっていきます。

 

大抵の方が読み進める速度ばかりに焦点を当てますが

まずは目的と時間の設定をするだけでも

その後の読書が全然変わってくるのですね。

 

 <本を買ったら…>

本を買った際、自宅で読み始めるのではなく

お店の近くのカフェ等に入り、20分程かけて

さっと内容を把握することをお勧めしています。

 

先程の時間的締切の効果に加え、買った時の

テンションを維持した状態で読むことで

集中して読書が出来ます。

その時にタイトル→帯→カバー袖文章→目次・見出しの

順番で目を通すだけでも、おおよその内容が掴めます。

 

確かに本屋で買うか買わないかを迷った末

買う決心をして、家へ持って帰る時はテンションが

とても上がり、幸福感があるのですが

家に帰った途端に買った安心感なのか

一旦寝かしてしまい、テンションが冷めてしまうので

この方法はとても参考になります。

 

<量を増やす読書法>

量を増やす読書法として

「逆算読書法」「2割読書法」の2つがあり

本全体ではなく、読む場所を限定するということです。

 

「逆算読書法」は 要約している最後の結論

つまり、大事なところから先に読む、ということです。

本の中で言えば、3~4章からメインに差し掛かり

終章に結論が書かれていることが多いです。

 

「2割読書法」は まず目次で全体を把握し

大事な部分と思われる2割の部分を見つけ出して

精読するという方法です。

本の内容すべてを細かく覚えることは出来ないので

大事な2割の部分を精読することが目的です。

 

これら2つの読書法を行う際

予め大事なキーワードを5~6個決めておき

ペンで印付けしたり、ページ端を折ったりすれば

スピードアップとなります。

 

この読書法を読むと、国語の試験での文章問題を

思い出し、試験中は制限時間がある為

文章全体はさっと、重要箇所をじっくり読み

内容を理解するよう努めていました。

普段の読書においても、要点を絞るだけでも

読書の質が変わることが分かります。

 

<同時並行読書術>

読書をする際には1冊ではなく、同時に複数冊読む

「同時並行読書術」を推奨されています。

数多く読書をしていくと、最初から最後まで読んだ本と

言い切れる本は少ないそうです。

これは著名人や知識人の方には多く

自分自身に置き換えても、そのように言い切れる本は無く

断片的に覚えているものばかりでした。

 

 齋藤教授はそれを逆手にとって

”最後まで読めない本がたくさんある”というスタンスで

同時進行で速読し、速読時にセレクトした重要部分を

精読した方が有意義だと述べられています。

 

読書をすれば、あれも読みたいという誘惑が出て

この1冊を読むまでは手を付けない、と

今までは断念していましたが、前述の様な

スタンスがあれば、同時並行も出来るのかと

感心しました。

 

<まとめ>

この章では”質と量”の量に焦点を当てて

読書法を紹介されていました。

読書の目的と時間の設定、読む箇所を絞る

同時並行する等、方法を変えることで

誰でも量を増やすことが出来ると分かりました。

 

次の章では”質”について紹介されていますので

よろしくお願いします。

 

         抹茶のり