抹茶のりブログ

ポジティブライダーのたのしいこと探しの雑記ブログ

読書の全技術 感想<その①>

みなさん、こんにちは!抹茶のりです。

 

本日8月24日は”歯ブラシの日”です。

8(歯)と24(ブラシ)の語呂合わせから

口腔ケアを目的に制定されました。

毎日入念に歯磨きを心掛けていますが

着色汚れが増えてきましたので

歯の掃除を兼ねての定期健診に行こうと思います。

 

今回は先日読了しました、齋藤孝教授 著の

”大人のための読書の全技術”(中経出版 2014.7.31)の

序章について、まとめさせて頂きます。

 

 

 

この本は読書習慣の無い方や読書量が少ない方にとって

 

・複雑化した現代社会において、読書が如何に重要か

・齋藤教授による読書法の紹介

・読書することによって得られるもの

 

を知ることが出来る内容となっています。

 

 

 <冒頭>

冒頭には

「誰よりもたくさんの本を誰よりも精密に読み込み

 すぐに仕事に応用できるようになる方法」のすべてを書いた本

と紹介されています。

 

続けて

読書は修行ではなく”楽しむ”、才能や頭の良さは必要ない

現代社会において、読書は自分を磨き、豊かに生きていく力を与えてくれる

とも書かれています。

 

仕事に限らず、日々の生活においても

読書をすることで人生を充実させることが出来て

しかも、誰でも簡単にすぐ取り組めます。

 

実際に読書は小学校の授業の一環から始まり

(人によってはそれ以前から始める方もおられると思います)

一生涯続けられる趣味、もしくはライフワークでもあります。

 

ですが、年齢を重ねるごとに読書への関心が薄れていきます。

その理由としては、作中にも書かれていますが

スマートフォンをはじめとする、インターネットやSNS等の

情報技術が生活様式を激変させた為です。

その結果、私たち自身の思考力や精神力が衰えつつあります。

それを防ぐ為には自分の生活人生をデザインする必要があり

読書にはそれを可能とする、と書かれています。

 

<序章1 >

序章には、自分の生活人生をデザインするには

①自分をデザインするやり方を先人に学ぶ

②強烈なモチベーションを持つこと

 

…つまり、読書をすること、だと述べられています。

 

読書によって、天才や偉人達の半生やその偉業を時を経ても

学ぶことが出来、彼らの学びの上手さ・溢れる程の情熱を

自信のモチベーションを高める起爆剤にすることが出来ます。

 

<序章2>

読書は思考力が鍛え上げられ、ボキャブラリー(活字量)が増え

思考速度に比例し、どんな変化にも対応出来る精神力と知性が

身に付き、脳味噌がタフになる、と言われています。

そしてそれは誰にでも出来て、効果絶大とも書かれています。

 

しかし、収入・生活費の1割も書籍代に費やさず

読書しない社会人が増え、仕事が出来ない・頭が働かない等の

悪影響が出ている、とも危惧されています。

 

それを解決する為にも読書は自己の意識を高め

自己イノベーションを促す一番重要な手段と述べられています。

 

<まとめ>

まだ序章の部分ですが、現代社会において

読書の重要性と得られる効果が簡潔に書かれています。

 

僕自身、会社勤めしていた時に読書はたまに

嗜んでいた程度で、習慣化には程遠いものでした。

その為、普段から物事を考える思考力が全然無く

仕事上でも工夫や改善等が出来ず、惰性的に

仕事をこなしている様な状態で、充実した日々を

送れていなかったと後悔しています。

 

以降の章には具体的な方法等が説明されていますので

このブログで紹介していきますので、よろしくお願いします。

 

          抹茶のり