抹茶のりブログ

ポジティブライダーのたのしいこと探しの雑記ブログ

ブックオフ助かります!

みなさん、こんにちは!抹茶のりです!

 

お盆が明けましたが、猛暑はしばらく続きそうですね。

今月の電気代がいくらなのか、と毎日不安になりますが

快適に過ごせられるのなら仕方ないですね(~_~)

 

さて、先週末の8月14~16日の3日間は

ブックオフで20%OFFセールが開催されていました。

前々からセールの告知が行われており

期間中に購入しようと虎視眈々と計画していました。

 

古本屋のイラスト

 

14日と15日に知りうる限りの店舗を

ハシゴしますと、どの店舗もお盆休みでセール期間

ということもあり、お客さんの姿が多く見られました。

三密やソーシャルディスタンスには注意しつつ

掘り出しものはないかといろいろ物色していました。

 

マンガやビジネス関係、自己啓発、健康、コミックエッセイ等

違うジャンルのコーナーを見て回り、ベストセラー本や

なぜか気になる本を見ていますと、アッという間に

1時間、2時間、と時間が過ぎてしまいます。

 

最終的に自己啓発や経済・経営学関係の本を中心に

10冊程購入し、個人的には良い収穫となりました。

 

<まとめ>

 

ブックオフで購入して良かった点として

・古本なので安価で購入が出来る

・期間限定のセールやキャンペーンがある

・最近発売されたばかりのベストセラー本が並んでいることがある。

・隠れた名書や一目惚れするような本に偶然出会える。

 

古本=本の状態が悪い、とイメージしていましたが

本によってはほぼ美品に近いものもあります。

本の帯や新刊購入時に挟まれている広告チラシ

売上げスリップ(短冊状の紙で売上、補充注文と書かれているもの)

が入っていると、以前の持ち主の方が丁寧に扱っていたか

或いは購入してすぐに手放したもの、と考えられます。

ビジネス書や自己啓発系の本には比較的多いように見られます。

 

反対にデメリットとしては

・基本古本なので、本の当たりはずれ(状態の良し悪し)があり

 実際に確認しないと分からない。

・欲しいと思っている本が必ずある訳ではない。

・立ち読み客が多く、3密やソーシャルディスタンスに

 細心の注意を払わなければならない。

 

本は新刊で購入する方が作者の方や出版元にとって

利益があるのは重々承知していますが

自身現在求職中で出費が限られている身としては

とても助かっています。

書店には書店の良さ、古本屋には古本屋の良さがあり

新刊・古本購入を使い分けるのも良書選び(出会い)に

役に立つのでは、と思いました。

              

            抹茶のり