抹茶のりブログ

ポジティブライダーのたのしいこと探しの雑記ブログ

散髪のお店選びについて<その①>

みなさん、こんにちは!抹茶のりです!

 

本日で7月も終わり、明日より8月となります。

明日から晴れの日が続き、本格的に暑くなりそうですね(+_+)

 

8月に入る前に伸びた髪を切りに、散髪へ行きました。

今まで利用していたお店が移転することとなり

これを機に新しいお店にしようと思い立ち、ネットで検索し

良いお店がどうか不安のなか、行ってきました。

 

結果としては、店内が広くて清潔感があり

担当の美容師さんは提示したカット内容を髪質と

スタイルに合わせて、納得できる髪型にしていただきました。

美容院で髪型を変えた人のイラスト

 

今回の新規開拓の経験を踏まえ

”散髪が安すぎるのは必ずしもお得とは限らない“ 

ということを今更気付きました。

以下に自身の経験や考えに基づいてまとめてみました。

 

 

散髪代の価格が高い・安い

価格が安いことのメリット

<経済的>

安いことのメリットは安い

敢えて書く必要もないと思いますが、これに尽きます。

僕自身、髪質が固く・量が多いということもあり

散髪するサイクルが月に1回、あるいは3週間に1回

(イベントがあればその都度切ることもあります)

 

月に1回¥2000-の場合は 1年で¥2.4000-

月に1回¥4000-の場合は 1年で¥4.8000- 

年間で¥2.4000-も差が出てしまい

どうしても安いほうに行ってしまいます。

 

<施術時間が早い>

あくまで個人的な見解で、単価が安く出来るのは

お客さん一人一人を担当する時間を必要最低限として

回転率を上げている為だと思います。

今まで行っていたお店での施術の時間は

大体30分もかかっていませんでした。

 

お店によってはカット後のシャワーも無く

本当にカットのみなので、単価が安いところもあります。

(僕のお店もそうでした)

 

価格が安いことのデメリット

<クオリティが不安定>

美容師さんにもよりますが

やはり安いところは安いということもあり

仕上がりがイメージ通りにいかないことが

多々ありました。

前述の通り、お客さんを次々と捌かないと

売上が上がらない、というのは

サービス業をしていた自身も共感できるのですが…。

 

<店舗の雰囲気がイマイチ>

街中にあるリーズナブルな美容院の大半は

 雑居ビルの中にあることが多いです。

以前美容師さんが仰っていましたが

やはり家賃が安いから、という理由でした。

ただ、雑居ビルにある美容院は天井の高さが低くて

閉塞感があり、トイレがどこにあるのか分からない等

リラックスした気持ちになれないのが難点でした。

 

今回は価格が安いことのメリット・デメリットについて

書かせていただきましたが

次回は価格が高いことについても触れていきますので

よろしくお願いします。

 

            抹茶のり