抹茶のりブログ

ポジティブライダーのたのしいこと探しの雑記ブログ

【哲学の道の終着点で祈願!】若王子神社へ行く!2021年京都十六社朱印めぐり(7か所目)

みなさん、ごきげんよう

抹茶のりです‼

 

2月も立春を迎え、ようやく春に近づきましたが

まだまだ寒さが残っています。

 

こんな寒い時ですが、散策がてらに

カラダを温めてみてはいかがでしょうか?

 

今回はカラダが温まり、散策し甲斐のある

京都の神社をカンタンに紹介します。

 

先日から続く、京都十六社朱印めぐりの7か所目で

京都の観光名所哲学の道」の終着点にある

「若王子(にゃくおうじ)神社」を紹介します。

 

京都住民でも知る人ぞ知る神社ですので

興味のある方は是非読んでみてください。

 

<若王子神社へ行く!>

王子神社京都駅から北東の位置にあり

道中には京都市動物園永観堂南禅寺などの

京都の観光名所が点在しています。

 

公共交通機関はバスが最寄となり、

「宮ノ前」で下車し、徒歩約10分で到着します。

f:id:maccyanori:20210204111123j:image
写真の通り、バス停から降りると

「どこに神社があるのか?」

一瞬疑問に感じるような立地となっております。

 f:id:maccyanori:20210204111118j:image

神社に繋がる道は写真では分かりにくいですが

自転車だと一旦降りてしまうほどの坂道になっており、

なかなか良い運動となります。

 

表題通り、哲学の道の終着点にありますので、

京都在住の方、京都に詳しい方ならば

哲学の道を南に進んでいくと分かりやすいです。

f:id:maccyanori:20210204111156j:image

 あえて哲学の道のスタート地点から歩き、

この若王子神社を目指して散策してみるのも

楽しいものです(^o^)/

 

<いざ、参拝!>

それでは、いざ参拝へ!
f:id:maccyanori:20210204111159j:image

坂道または哲学の道終点から奥へ進むと

神社の正面に到着します。

 

f:id:maccyanori:20210204111304j:image

境内に続く石橋の隣に建てられている石碑は

東方斎・荒尾精(あらおせい)氏のものです。

 

明治時代に中国やアジアとの貿易保全に尽力した人物で

かつて仮住まいしていた地に、彼の功績を称えた石碑を

建てたと伝えられています。

f:id:maccyanori:20210204111257j:image

f:id:maccyanori:20210204111250j:image

 

石橋のまわりにはたくさんの木々が生い茂り

この中には「梛の木」もあり、樹齢400年を超え

京都で最も古い梛の木と伝えらえています。
f:id:maccyanori:20210204111203j:image

 

境内に入ってみると、ちょうど業者の方々が

休憩されている最中でしたので、

少し外し気味で撮影しました。

f:id:maccyanori:20210204111254j:image

f:id:maccyanori:20210204111309j:image

 

実は以前紹介しました「新熊野神社と関係があり、

正式名称は「熊野若王子神社と呼びます。

 

maccyanori.info

 

王子神社、新熊野神社、のちに訪れる京都熊野神社

「京都三熊野」と呼ばれ、熊野那智大社の分社となります。

 

平安時代後期に後白河法皇永観堂の守護神として

祈願する場所を作ったのが、この若王子神社とされています。

 

名前の若王子の由来は

天照大神の異名若一王子(にゃくいちおうじ)」

あやかって名付けられました。

 

梛の木が厄災をなぎ倒す、という厄払いだけでなく

学業成就、商売繁盛、縁結びなどのご利益があり、

今年も健康でいられるように、祈願いたしました!

 

最後に社務所へ寄り、7か所目の朱印をいただきました!

f:id:maccyanori:20210204122257j:image

f:id:maccyanori:20210204122239j:image

 

参拝を済ませ、神社を出てみると

京都の街並みを一望することができます。

 f:id:maccyanori:20210204111300j:image

このまま右へ行けば哲学の道になりますので

真っ直ぐ進んで市街、もしくは哲学の道を散策という

楽しみ方もできるのも魅力です!

 

<おわりに!>

 十六社も巡っていると、京都三熊野という

私たちの知らない神社同士の繋がりを学ぶことができます。

 

また、哲学の道にはこのような由緒ある

神社が奉られていたということも知り、

まだまだ京都は奥が深い!

と改めて痛感しました。

 

残り9か所となりましたのが

引き続きこのブログで紹介していきますので

次回もよろしくお願いします!

 

長くなりましたが

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

 

それでは、ごきげんよう

 

  抹茶のり

【コンビニ神対応漫画!】癒し系コンビニ漫画「島さん」の感想まとめ!

みなさん、ごきげんよう

抹茶のりです‼

 

コンビニは私たちの生活に無くてはならない存在です。

コンビニエンスストアのイラスト

  • 24時間営業
  • 年中無休
  • 近くて便利

…と、もはや当たり前の存在となり、

コンビニのおかげで何の不自由もなく

生活していると言っても過言ではありません。

 

そんなコンビニで働く店員さんを描いた漫画に

 先日偶然出会い、その面白さに一気に引き込まれ

このブログでも一人でも多くの方に

共感してもらいたいので、紹介していきます。

 

「島さん」

川野ようぶんどう著

双葉社 2021年1月28日刊)

 

 

カンタンに内容を説明すると

コンビニ夜勤で働くおじいさん「島さん」を中心に

コンビニでの悲喜こもごもがハートフル

描かれている漫画です。

 

ではなぜこの漫画を紹介するのか?

 

それは…

  • 島さんのホッコリさせる優しさ!
  • コンビニ夜勤の細かい描写が良い!
  • 店員やお客などの人間描写も良い!

 ということです。

 

接客や補充、レジの新システムなど…

コンビニの煩雑な仕事に不器用ながらも

ひたむきに笑顔で働く島さん。

お辞儀をする店員さんのイラスト(男性)

コンビニに訪れるお客さんはさまざまで

中には面倒な方々もおられますが

島さんは持ち前の明るさ、人の良さで解決します。

 

そんな島さんは一体どんな人物なのか?

 

ここでネタバレすると面白みが無くなるので

敢えて割愛しますが、ネットや一部書店には

1話試し読みが用意されており

その最後には島さんの驚くべき正体が…。

(ちなみに第1巻の裏にもネタバレがあります)

 

島さんの正体も気になるところですが

この漫画の面白いところは

コンビニ夜勤の大変さとそこで働く店員さんの

細かい描写が素晴らしい!ということです。

 

接客、レジ打ち、補充以外にも

配達受取やネット対応などの新サービスが加わり、

コンビニ勤務は以前よりも大変となりました。

コンビニ払いのイラスト

レジでスマホを見せる人のイラスト

加えて、コンビニはライバル店との競争が激しく

売上げに対してもシビアにならざるを得ません。

 

そうした状況で働く店員さんの苦悩を

この漫画では細かく、リアルに描かれており、

主人公の島さんがそんな悩みをささやかながら

解決していく姿が見どころとなっています!

 

読後には島さんのおかげで

  • 全てのコンビニに置いて欲しい!
  • 仕事帰りや悩んでいる時に買って欲しい!
  • コンビニの店員さんに感謝して欲しい!

と、コンビニに対する認識が大きく変わりました。

 

最近ではこのような現実世界を題材にした

ほっこりするような漫画は少なくなっていますが

久々に良作に出会うことができ、とても感謝しています。

 

次巻がいつ発売するのか?と、とても待ち遠しいです!

 

今回は短くなりましたが

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

次回もよろしくお願いします!

 

それでは、ごきげんよう

 

  抹茶のり

 

【自己流の読書法を作る!】9か月本格的に読書にハマった成果!

みなさん、ごきげんよう

抹茶のりです‼

 

コロナが流行してから約1年…。

 

この影響で新しいことに挑戦した方は

多いのではないでしょうか?

 

料理、筋トレ、動画、ソロキャン…

巣ごもり時期にさまざまな趣味が流行りましたが

読書に没頭した人も多いことでしょう。

 本の虫のイラスト(男性)

持て余した時間を利用して

本を購入したり、積読した本に挑戦したり…と

読書もとい本の良さが見直されています。

 

ボクも4月の自粛開始から読書を始め

1月までの約9か月間に毎月約10冊読むようになり、

自己流の読書法を作ることができました!

  • なぜそこまで読書にハマったのか?
  • どうやったらハマれるのか?
  • どんな読書法を発見したのか?等々…

 

 今回は自粛期間から始めた読書生活について

カンタンに紹介していきますので

読書に興味のある方は、参考にしてみてください!

 

 

<ハマったきっかけは?>

そもそも、読書にハマったきっかけは

冒頭に述べましたように、コロナの自粛でした。

 いろいろな自宅待機のイラスト文字

当時勤めていた職場が休業→閉鎖し、

それに伴い退職せざるを得ない状況となりました。

 

緊急事態宣言下で迂闊に外出が出来ない状況で

知識やモチベーションなどを高めるだけでなく

「今のままでは生き残れない!」

という危機感から、本格的にやってみようと決意しました。

 

読書自体はコロナ以前にもしていたのですが

マンガや雑誌メインで、ビジネス書などは

月に1冊読むか読まないかというレベルでした。

 

 

 正直、自分自身でも読書にハマれるかどうか

疑心暗鬼のままでのスタートでした…( 一一)

 

<読書のハマりかた!>

読書を始めるぞ、と意気込んでみたものの

「そもそも読書ってどうすればいいのか?」

ふと疑問に感じました。

 

  • ただ数をこなしていくだけで良いのか?
  • チェックしながら読んだほうが良いのか?
  • 読書感想を書く必要があるのか?

 

趣味や時間つぶしに読書を楽しむ分では

今までのように気軽に好きな本を

選べばよかったかもしれません。

 

しかし、自身のスキルアップの場合は

「今までの読み方で大丈夫なのか?」

という不安がのしかかりました。

 

なので、まずは「読書法」をテーマにした本から

プロの方々の方法を学ぶことにしました。

 

いざ本屋や図書館で探してみると

さまざまな読書法に書かれた本がたくさんあり

どれを選んで良いのか分からなくなります…(>_<)

 

速読、飛ばし読み、ライン引き、多読…

 

読書法だけでなく、著者の意見も三者三葉

 

「今までの方法は非効率的で間違っている!」

 

「この方法がこれからの時代にはイチバンだ!」

 

と宣言している本がホントに多いこと…(~_~)

 

一体どれが正しいのか、

余計にこんがらがってしまいました。

 

そのような苦労を乗り越え、読書を重ねると

次第に自分に合った良書に出会うことができ、

どの読書法の本にも共通するポイント

だんだん分かってきました。

 

そうした中、こちらの2冊の本に出会ったことで

ボクが今まで抱えていた読書の悩みを解決し、

読書との向き合い方を変えてくれました。

 

齋藤孝 著 

「大人のための読書の全技術」

KADOKAWA 2014年7月31日刊)

 大人のための読書の全技術

 

木山泰嗣 著

「「記憶力」と「思考力」を高める読書の技術」

 (日本実業出版社 2020年6月27日刊)

 「記憶力」と「思考力」を高める読書の技術

 

具体的な内容は割愛しますが、

この2冊に共通していることは

「自分の好きなようにたくさん本を読む」

ということです。 

 

作中にも書かれていますが

両者は常日頃から読書をたしなんでおり、

年間の読書量は何百冊レベルという

一般の方々とは比べものにならない読書量です!

 

やはり、プロは違うなぁ…(=_=)

 

ですが、

それを成し得えられたのは、特別な才能や技術ではなく

 カタいことを考えず、シンプルに読書を楽しむという

ごくごく当たり前のことを心掛けるだけでした。

 

「読書法を学んで、賢く読まなければ!」

 

と頭でっかちになっていた自分自身にとって

まさに目が覚めるかのような内容でありました。

 

<読書を編み出す!>

固いイメージがあった読書ですが、

お二人の読書法のおかげで

読書を楽しみたい!

という意欲が以前よりも強くなりました。

 

それからは興味を持った本を次々と読むようになり、

次第に読む本の量が増えていきました。

 

月1冊→1週間に1冊→1週間に2~3冊、

以前では考えられない進歩です‼

 

こうして読書量が増えてくると

少しずつ自分なりの読書の仕方が定着し、

ついには自己流の読書法を作るに至りました!

 

その方法というのが…

本に愛着を持つ!

ということです!

 

ただシンプルに、これに限ります。

 

愛着を持つための方法が以下の3点です。

  1. 重要な箇所はマーカー2色で線引き
  2. 気になるページに付箋を貼る
  3. 透明のブックカバーを付ける

 

まず、1については

この方法はみなさんもよくお聞きすることでしょう。

 

実際にボク自身もこの方法が書かれた本には

いくつも出会いました。

 

線引きは必要・不必要と賛否両論でしたが

個人的には線引きは必要だと考えています。

 

マーカーなどで線引きする時には

自分なりに工夫している点があります。

  • 作中の太字部分、つまり作者の言いたい部分は赤
  • 太字以外で、自分にとって大事な部分は青

というカタチで2色に分けると、

のちに読み返す時に見やすくて便利です。

 

次に、2についてですが

線引きをしていても、読み返すときに

目次を参照したり、ページをめくったり…と

探すのに時間がかかり、とても面倒です。

 

それを防ぐ方法が付箋です。

付箋・ポストイットのイラスト(横長)

線引きをしているなかでも

特に大事なページには付箋を貼り、

且つそのページの何が重要なのかをわかるように

飛び出ている部分に書き込みます。

 

つまり、書類整理のインデックスのように使います。

 

実際に線を引き、付箋を貼っていくと

下のイラストのように、少々ごちゃごちゃしますが

探す時間が短縮されて、とても便利です。

付箋の貼られた本のイラスト

加えて、

使い込んでるという自己満足感が高まります(^^)

 

そして、最後の3について、

せっかく線引きしたり、付箋を貼ったりしたのですから

本に透明のブックカバーを付けることをオススメします。

 

愛用して読んでいくと

表紙が汚れたり、欠損したり、濡れたりするので

それらを防ぎ、長く愛用するためにカバーを付けます。

 

長期保存のメリットだけでなく、カバーを付けることで

浴室内で読む時、表紙が濡れるリスクを減らせます!

 

ボク自身、入浴時には必ず本を持ち込んでいますが

カバーが無い場合、細心の注意を払っていても

多少なりとも水滴で表面が濡れてしまいます。

 

しかし、カバーを付ければそのような心配を減らし

入浴しながら読書を楽しむことができます!

お風呂でのぼせる人のイラスト(男性)

ただし、本に熱中するあまり、

のぼせないように注意は必要です…(+_+)

 

あくまで、これら3点は

ボク個人の方法であり、人によっては

このほかにも良い方法があると思います。

 

自分なりのやり方を探すのも

読書の醍醐味ではないでしょうか(^o^)

 

<今後の課題点!>

自分なりの読書法を作ることができたものの

それでもいくつか課題点(改善点)があります。

 

  • 好きな作家・ジャンルを偏重してしまう…
  • 他のジャンルの本に手を出しにくい…
  • 1冊買うだけでも結構迷ってしまう…

 

自分の好きな作家やジャンルができるというのは

良いことなのですが、好きという意識が強くなって

他に手を出すことが少なくなってしまいました。

 

まるで自分の推しのアイドルを大事にするように

新しい風を自分で入れられず、少々困っています…(>_<)

 

 アイドルファンの女性のイラスト

 

そして、何と言っても、

欲しい本が増え、どれにしようかと迷うこと

最大の悩みです。

 

「ベストセラーだから読んでみようかな…」

「内容にピンときたから、こっちにしようかな…」

「価格が高いから、少し考えたほうがいいかな…」

 

迷っている時間も楽しいひととき、というプラス思考

無駄な時間を浪費している、というマイナス思考

本屋に行くと、いつも頭のなかで葛藤します。

 

読書が好きになるということは

これはこれで大変ですね…(>_<)

 

<おわりに!>

長々と読書について書かせていただきましたが

結論としては、さまざまな苦労はあるものの

読書は楽しい!ということです。

一緒に本を読む子供たちのイラスト

コロナの自粛や3密防止によって

以前のようにコミュニケーションをとれない状況で、

読書もとい本はいつでも手軽に新しい知識を学べる

最良の手段・ツールと言っても過言ではありません。

 

コロナが一旦「収束」し、完全に「終息」するには

もう少し時間がかかります。

 

それまでに、みなさんもこれを機に

読書を始めてみてはいかがでしょうか?

 

きっと、今まで知らなかった知識や経験に出会い

素晴らしい時間を過ごすことができるでしょう(^O^)/

 

長くなりましたが

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

次回もよろしくお願いします!

 

それでは、ごきげんよう

 

  抹茶のり

 

旅の神様に安全祈願! 粟田神社へ行く!2021年京都十六社朱印めぐり(6か所目)

みなさん、ごきげんよう

抹茶のりです‼

 

ようやく暖かい晴れ間が戻り、

3日ぶりに日の光を浴びることができました!

 晴れ男のイラスト(天気)

 

自粛期間ではありますが、こういうときこそ

外の空気に触れ、心身ともにリフレッシュが大事ですね!

 

そんな晴れやかな気分で外出するのに

ピッタリなご利益がある神社を

今回も京都十六社朱印めぐりを通じて紹介します。

 

6か所目となる神社は

旅行守護のご利益がある粟田神社です。

 旅行に行く家族のイラスト

 

「なぜ粟田神社が旅行守護なのか?」

という理由をカンタンに紹介していきますので

興味のある方は是非読んでみてください!

 

粟田神社へ行く!>

まず粟田神社への行き方について、

こちらは市バスと地下鉄の2通りがあります。

 

市バスは「神宮道」から徒歩5分

地下鉄は東山駅または蹴上駅から徒歩7分

 

三条通に面しているので、

車や地下鉄などのアクセスは容易で

歩道も広々としており、比較的散策しやすいです。

 

体力に自信のある方は、京都の繁華街である

四条河原町から歩いていくことも可能です。

(途中、坂になる道を30分以上歩きますが…)

 

<いざ参拝!>

それでは、いざ参拝へ!

f:id:maccyanori:20210125234442j:image
f:id:maccyanori:20210125234447j:image

道路に面した鳥居をくぐると、

石畳のかたわらに民家が並んだ小道に入ります。

 

小道を抜けると、

粟田神社へ続く鳥居と石階段が見えてきます。

f:id:maccyanori:20210125234511j:image

下から眺めるとなかなかの傾斜で

「この上を登っていくのか?」

初めて来られる方は少しビックリします!(>_<)

 

石階段を登っていくと、

御神馬(ごしんめ)とよばれる
旅の安全を願う神様の像が迎えられています。

f:id:maccyanori:20210125234554j:image
f:id:maccyanori:20210125234551j:image

本物の馬と同じぐらいの大きさで

圧倒的な存在感と威厳が感じられます。

 

その先を進むと粟田神社に到着です!

f:id:maccyanori:20210125234857j:image

f:id:maccyanori:20210125234730j:image
f:id:maccyanori:20210125234733j:image

坂の頂上なので、周囲の喧騒から解放され

木々のせせらぎや綺麗な青空、

そして街を見渡せる景色を堪能することができます。

f:id:maccyanori:20210125234708j:image

平安神宮の大きな鳥居もここから見られます!

 

現在、コロナ対策が随所に行われており

手水舎のところには、柄杓ではなく

なんとヒルがプカプカ泳いでいます! Σ(゚Д゚) 

f:id:maccyanori:20210125234807j:image
f:id:maccyanori:20210125234804j:image

柄杓が無くて寂しいというお声があり、

それを補うためにたくさんのアヒルが寄与されたそうです(^^)

f:id:maccyanori:20210125234824j:image

氏子の方や参拝者の善意をこのようなカタチで見られると

「世の中捨てたものではないな!」

なんだか嬉しい気分になれます。

 

粟田神社をカンタンに説明すると

平安時代藤原興世(ふじわらのおきよ)という人物が

現在の八坂神社で7日7晩、国家と民の安全を祈願し

後に神様からの信託に従って創建されたことが

由来だと伝えられています。

 

粟田神社が建てられた粟田口という場所は

当時の京都の東の出入口であり、

旅立ち守護(旅行安全)、厄除けの神様として

街道を行き交う人々の信仰を集め、

旅の神様をまつる神社となりました。

 

この粟田神社から東に向かうと

滋賀県の大津に抜けていくので、

今も昔も交通の要所だったことが伺えます。

 

旅行安全、厄除け以外にも

病魔退散、安産祈願、縁結びなどのご利益もあります。

 

今年1年の無病息災だけでなく、

残り10か所を無事にめぐれるように

旅行安全の想いも込めて祈願しました!

 

そして社務所に寄り、朱印をいただきました。

f:id:maccyanori:20210125234248j:image

残り10か所!

 

今回は登り道で少々疲れましたが

爽快感と達成感を味わうことができました(^o^)/

 

<おわりに!>

 コロナの自粛で外出や旅行などが

なかなか表立って出来ない状況です。

 

けれど、昔の人々もそのような苦難にめげず

新しい土地を旅したり、開拓したりしたおかげで

今日の私たちの生活の基盤が成り立ちました。

 

人々の原動力やご加護となったのが

今回紹介した粟田神社をはじめとする

日本各地の寺社仏閣だったのではないでしょうか。

 

1日でも早くコロナが終息し、

再び旅行が出来る日が戻ることを祈願して

無事に残りの朱印めぐりを達成させます!(^o^)/

 

長くなりましたが

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

次回もよろしくお願いします!

 

それでは、ごきげんよう

 

  抹茶のり

新しい熊野が京都にある!? 新熊野神社へ行く!2021年京都十六社朱印めぐり(5か所目)

みなさん、ごきげんよう

抹茶のりです‼

 

本日も雨の1日となりましたが

ようやく明日には晴れ模様が戻るとのことで

心も晴れやかな気分になれそうです!

 

今回も京都十六社朱印めぐりをテーマに

5か所目となる「新熊野神社を紹介します。

 

熊野といえば、紀伊山地熊野古道

連想される方も多いと思われますが

この新熊野神社がどのように関係するのか?を

カンタンにですが紹介していきます!

 

<新熊野神社へ行く!>

まず新熊野神社への行き方について

こちらも今まで紹介しました神社同様に

市バスの利用をオススメします。

 

停留所「今熊野」はバスの本数が多く

比較的アクセスしやすい場所となっており、

バス停から徒歩3分ほどで神社に到着します。

 

またこの近辺には東福寺泉涌寺があり

いっしょに散策するのもオススメです!

 

ところで、

神社は「新熊野」、バス停は「今熊野」

書き間違えと思われたことでしょうが、

実は両方とも同じく「いまくまの」と読みます。

 

その理由についてはのちほど紹介していきます。

 

バス停から南へ歩くこと約3分、

木々に囲まれた鳥居が道路に面しているので

すぐに見つけることができます。

f:id:maccyanori:20210124215442j:image

 

<いざ参拝!>

 この新熊野神社平安時代末期

後白河法皇によって創建された神社です。

 

後白河法皇紀伊山地にある霊場「熊野」

なんと一生のうちに34回も参拝されるほど

信仰心が深い人物と伝えられています。

 

今のようにインフラが発達していない時代に

京都から熊野への参詣は大変であり、

そのことを憂慮した後白河法皇は京都に

熊野の新宮・別宮として「新熊野神社」を創建されました。

 

そして、「いまくまの」と呼ぶのは

熊野神社が当時の人々にとって

紀州は昔の熊野、京(京都)は今の熊野

という認識が由来したと伝えられています。

 

それでは、いざ参拝へ!

f:id:maccyanori:20210124184036j:image
f:id:maccyanori:20210124184031j:image

こちらの神社も木々に囲まれているので

街中でありながら、神秘的な雰囲気があります。

f:id:maccyanori:20210124184232j:image
f:id:maccyanori:20210124184222j:image

境内に入って右側の方には

見事な「梛(なぎ)」が生い茂っており、

厄災や病魔などをなぎはらう、朝凪・夕凪のなぎから守る

という願いが込められています。

 

今も昔も変わらず、無病息災を願う強い想いが

この立派な梛の木の姿を見て、ひしひしと伝わってきます。

 

平日の綺麗に晴れた昼間でしたが

静かに、ゆっくりと参拝することができました。

f:id:maccyanori:20210124184040j:image

f:id:maccyanori:20210124184256j:image

 

熊野神社は「梛」のご加護である

健康長寿、病魔退散だけでなく

縁結びや交通安全、安産祈願などのご利益があります。

 

今年1年の無病息災を本殿にて祈願し

そのあとに社務所に寄り、朱印をいただきました!

f:id:maccyanori:20210124214414j:image

やっと5か所目達成、残り11か所です!(^o^)

 

<おわりに!>

 京都と熊野、距離を隔てていますが

遠い昔より強い繋がりがあったことを

今回の参拝で初めて知ることができました。

 

創建当時に生活していた人々もきっと

熊野神社で日々の安寧と平和を祈願したことでしょう。

 

朱印めぐりをすればするほど、

京都の奥深さを再発見することができます!

 

長くなりましたが

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

次回もよろしくお願いします!

 

それでは、ごきげんよう

 

  抹茶のり

「わら」は安産祈願のお守り、わら天神宮へ行く!2021年京都十六社朱印めぐり(4か所目)

みなさん、ごきげんよう

抹茶のりです‼︎

 

せっかくの土曜日なのに本降りの雨、

関東では雪が降るとか降らないとか…

まだまだ油断ならない日々が続きそうです(>_<)

 雪景色のイラスト

 

今回も引き続き、京都十六社めぐりをテーマに

4カ所目にあたる「わら天神宮」を紹介します。

 

安産祈願で有名な神社であり、

「わら」とはどういう意味なのかを

カンタンに紹介していきます!

 

<わら天神宮へ行く!>

わら天神宮へ行く際、近辺に駅が無いので

市バスで行くことをオススメします。

 

停留所「わら天神前」から徒歩3分、

バスの本数が多いので、比較的アクセスしやすいです。

 

西大路通という大通りに面しており、

大きな鳥居がすぐに見えます!

f:id:maccyanori:20210123184256j:image

大通りに面していますが

それほど周囲は混雑していませんので

ゆっくり参拝することができます。

 

<いざ参拝!>

それでは、いざ参拝へ!

f:id:maccyanori:20210123184525j:image

f:id:maccyanori:20210123184520j:image

京都の街中にあるにも関わらず

周りは木々に囲まれて、夕日の鮮やかな光が相まって

ここだけ別世界のような気分を味わえます。

f:id:maccyanori:20210123225656j:image

 

 こちらの「わら天神宮」は正式名称ではなく

本来の名前は「敷地神社」となります。

 

それがなぜ「わら天神宮」となったのか?

 

もとは木花開耶姫命(このはなのさくやひめのみこと)

という女神を祀ることを目的に

別の場所で建てられましたが、

時の将軍足利義満が山荘造園のために

現在の地に移転したとされています。

f:id:maccyanori:20210123225548j:image

 

「わら」の由来についてですが、

かつてお供えをする際、稲わらで編んだ籠に

お供えものを入れて神様に捧げていました。

 

そのときに抜け落ちたわらを妊婦さんが

安産を願うために持ち帰っていました。

 

そののちにわらを切り取って

妊婦さんに安産のお守りとして

授与するようになったことが由来し、

「わら天神宮」として呼ばれるようになったと

伝えられています。

 

そのわらに

節があれば男児なければ女児

という言い伝えが残っているほど

今も多くの方々に安産祈願の神社として

信仰を集めています。

 

安産祈願以外にも

家内安全、厄除け、開運必勝などの

ご利益もありますので、

祈願に来ていただいても大丈夫です!(^o^)

 

今のところ、安産祈願などの予定はないですが

今後そのようなご縁があることを願って

祈願させていただきました(;^ω^)

f:id:maccyanori:20210123225623j:image

ちなみに、お賽銭箱の前に見られる白いものは

赤ちゃんが身に付ける「前掛け」であり、

安産祈願に来られた方、成就された方が

思い思いの言葉を書かれて、奉納されています。

 

そして、

4つ目の朱印をいただきました!

f:id:maccyanori:20210123225558j:image

 

<おわりに!>

神社の数だけ、信仰のカタチもさまざまで

参拝すればするほど、神社の魅力が分かってきます!

 

わら天神宮のように、日常生活に用いるわらを

妊婦さんが安産祈願として身に付けたことが

後世まで語り継がれ、現代の人々にも信仰されています。

 

こうして歴史を学びつつ、実際に参拝すると

日本の歴史の深み、信仰心のすばらしさ

を改めて知ることができます。

 

京都には魅力的な神社が残っていますので

新しい歴史や発見を得られることを期待し、

朱印めぐりを続行していきます!

 

長くなりましたが

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

次回もよろしくお願いします!

 

それでは、ごきげんよう

 

  抹茶のり

清和源氏ゆかりの地、六孫王神社へ!2021年京都十六社朱印めぐり(3か所目)

みなさん、ごきげんよう

抹茶のりです‼︎

 

予報通りの雨模様となりました…。

 雨が降る空のイラスト(背景素材)

この週末も雨が続く予定なので

少々気が滅入ってしまいますね(>_<)

 

今回は雨が降る前に参拝してきました

京都十六社朱印めぐりの3ヶ所目、

六孫王神社を紹介します。

 

京都に住んでいる方でも意外と知らない

隠れた名所を紹介させていただきますので、

興味のある方は是非参考にしてみてください!

 

 

六孫王神社への行き方!>

六孫王神社へ行く際は

市バス六孫王神社前」が運行されていますが

京都駅から徒歩で行くこともできます!

 

東寺の近くにあり、京都駅から西へ徒歩で約20分

新幹線の高架を沿うように向かいます。

 

 観光客の方々は東寺目当てで観光されますが

東寺のそばには由緒ある神社があることを

あまりご存じではありません。

 

東寺の北門の前を通り越すと

交差点の角に鳥居が見えてきます。

f:id:maccyanori:20210123001623j:image

 

東側にも鳥居がありますので、こちらも撮影!

f:id:maccyanori:20210123001643j:image

 

<いざ参拝!>

この「六孫王」という名前は

850年に即位された清和天皇に由来します。

 

祀られているのは清和天皇ではなく

その孫にあたる「清和経基」(源経基です。

f:id:maccyanori:20210123001953j:image

 

詳しい解説は省略しますが、

清和源氏とよばれる皇族の家系の祖と伝えられています。

(歴史に精通していなくて、申し訳ございません(>_<))

 

「六」というのは、清和経基の父が

清和天皇の六男で、そこに天皇「孫」を付けて

「六孫王」と呼ばれるようになり、

清和経基が埋葬された地に築いた社殿が

現在の六孫王神社となります。

 

境内中央には神龍池」という池があり

琵琶湖の竹生島にある弁財天にあやかって、

「誕生水弁財天社」が作られました。

f:id:maccyanori:20210123001754j:image
f:id:maccyanori:20210123001819j:image

出世開運、家運隆昌だけでなく

安産祈願や子授けのご利益があり、

「京都七名水」の1つに数えられています。

 

それほど大きな池ではありませんが

池の中央にある石橋から見られる景色は

どこか神秘的な魅力を感じることができます。

 

f:id:maccyanori:20210123001843j:image
f:id:maccyanori:20210123001840j:image

 石橋を渡った先の本殿に到着し、

残り13か所も無事に参拝できるよう祈願しました。

 

社務所に向かい、3つ目の朱印をいただきました!

f:id:maccyanori:20210123001846j:image

 

<おわりに!>

 京都と聞くと、東寺や金閣寺などの

有名な観光名所が知れ渡っていますが、

今回の六孫王神社のように

京都には由緒ある寺社仏閣が数多く点在しています。

 

この京都十六社朱印めぐりを通して

今まで知らなかった京都や日本の歴史を

みなさんに伝えていけるように発信していきます。

  

 長くなりましたが

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

次回もよろしくお願いします!

 

それでは、ごきげんよう

 

  抹茶のり